• HCCnichigo

2021年 2月17日ディボーション

歴代誌 第一 2章


●語られたこと:


 ここの章では、イスラエル(ヤコブ) の系図が書かれている。取り上げてみると、ルベン、シメオン、ㇾビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン、ダン、ヨセフ、ベニヤミン、ナフタリ、ガド、アシェル、と続いている。その中で、ユダがでてくるが、その名をみて関連するのがあのイエス様の12人の弟子の中の一人だった、イスカリオテのユダだ。もちろんあのユダとは全く別人である。このユダについて詮索してみると、彼は父であるイスラエル(ヤコブ) から預言されていたことが解った。創世記 49:8~10に、イエスキリストが出てくることが預言されていたということだった。


 語られたことは、神様は、忍耐を持ってメシアの誕生を御計画されていたこと。ここに旧約を学び、知る大切な鍵があることを示される。新約だけを学んでいくと、キリストの誕生が乙女マリアによって処女降誕であったことがわかるけれど、大切なのは、キリストの誕生と十字架での死、復活はすでに旧約で語られていたことを知ることでる。旧約抜きには新約は学べないことである。


 今日からレントに入るが、私にとって、イエス様の十字架は何なのかを思った時に語られたことは、[永遠の無償の愛] そのものであることが心に迫った。その中には、平安、恵み、赦し、命、罪からの解放、悔い改め等々が含まれるものである。ある未信者の方が、子供に対しては無償の愛であるけれど、恋人に対してはそうではない。その時に思ったことは、十字架のイエス様の愛は永遠に変わることのない、子供だけではなく全ての人に対しての、それこそ無償の愛であることが強烈に示された。


●祈り:

 愛する天の父なる神様、今朝もみことばを与えて下さって心から感謝します。

今日からレントに入ります。このレントの期間中、イエス様の十字架は、私にとって何なのかを、さらに深く祈り、悔い改め、イエス様を偲びながら、求めていこうと思っています。どうぞお導き下さい。

 主イエスキリストの御名によって感謝してお祈りします。 アーメン

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月25日ディボーション

歴代誌第一 10章 『クリスチャン倫理』 ●語られたこと: 最近NHKで興味深いドラマがあって見続ている。「これから倫理の時間です」と言う高校生の倫理の授業を中心にそれぞれが抱える問題と哲学者、知恵者と言われた先人達の残した言葉を用いてどう生きるべきかを問いかけるドラマ。話の舞台は高校生活だが、内容はどんな年代にも、住まう土地にも関係する内容。もしチャンスがあったら皆さんに見ていただきたいドラマで

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com