2021年5月13日 ディボーション

ネヘミヤ記 4章

『軽蔑、侮辱、嘲に屈しない祈りの力』

 一生懸命に努力する人の足を引っ張るものはどの時代にもいる。神の守りを意味する城壁。その修復の時にもユダヤ人を嘲った者たちがいた。

 嘲る者の言葉に耳を傾けなければ良いだけだが、現実的に嫌でも耳に入り、心が折れてしまうことがある。私も日々の生活の中でそのような状況に何度も立たされて、主に試された。「本当に心から主の為に働くのか?」と

ネヘミヤは肉の思いで行動するのではなく、祈る事で解決を見出す。

「お聞きください、私たちの神よ。私たちは軽蔑されています。彼らの侮辱を彼ら自身の頭上に返し、彼らが捕囚の地でかすめ奪われるようにしてください。」

(4節)

次の聖書箇所が示された。

詩篇 18:2

「主はわが巌、わが砦、わたしを救い主、

身を避けるわが岩、わが神。

わが盾 わが救いの角、わがやぐら。」

 信仰によって主の子供とされた私たちがするべきことは、いつでも神を信頼して、祈り、そして全てを委ねることにあるとネヘミヤの行いから示された。とてもシンプルな事だがつい忘れてしまう。イエス様に襟をただされた気がした。そんな私を支えてくださる兄弟姉妹を信仰によって与えて下さった主に感謝せずにはいられない。

●祈り

天の父なる神様。毎日あなたの御言葉を聞いても心弱く挫けることがある私です。力ある神の御言葉にのみ聞き従えるような心にどうぞ強めてください。イエス様のお名前を通して感謝してこの祈りを捧げます。アーメン。

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

エステル記 9章 『悲しみが喜びに』 エステルの命がけの王との交渉によって逆転の人生となったユダヤの民。アダルの月 の十三日に王の命令と法令が実施された。(ユダヤ暦、アダルの月は太陽暦の2~3月頃) 「だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。彼らへの恐れが、全ての民族に下ったか らからである。」2節。 ここでも神様は密かに働かれる。神だけが人の心を変えることができるのだから。 しかし、ユダヤ人の敵

エステル記8章 ハマンの企みは、見事に粉砕され、モルデガイをかけようとした木に、自らがかけられることになりました。 この出来事を、ユダヤ人を善としハマンを悪役にするような勧善懲悪的ドラマとして見るならば、まさに『半沢直樹』のような倍返しを彷彿させる痛快な結末です。そしてユダヤ人は、今も、このエステル記の出来事を記念してプリムの祭りを祝います。 しかし、これは単純にユダヤ人が善で、ハマンは悪役という

エステル記 7章 『ユダヤ民族にもいのちを与えてください』 ●学んだこと:  エステル妃の有名な名言ー。 4:16 「私は、死ななければならないのでしたら死にます。」  姿も美しく、顔だちも良く、彼女を見るすべての者から好意を受けていたエステルだが、発言は単刀直入でかなりカゲキだ。 7:3 「王様。もしも私があなた様のご好意を受けることができ、また王様がよろしければ、私の願いを聞き入れ