• HCCnichigo

2021年4月1日 ディボーション

最終更新: 4月2日

歴代誌第二 十六章

『主の恵みを受ける心とは』

 列王記、歴代誌は同じ歴史の出来事を政治的視点、そして宗教的視点から描写している。そこで共通している事は主がどのような民の姿を求めているかである。

 ユダ王国のアサ王はアラム王ベン・ハダドと和平交渉を結ぶ。(2節)主により頼まず、勝手に他国との同盟を結んだアサに対して預言者ハナニはこう諭した。「あなたはアラムの王により頼み、あなたの神、主により頼みませんでした」(7節)「主はその御目をもって全地を隅々まで見渡し、その心が自分と全く一つになっている人々に御力を現してくださるのです」(9節)

自分の過ちを諭してくれる人はそう沢山いない。なぜなら本当に相手の事を思っているから。自分が嫌われるのを覚悟で助言してくれる。そんな有難い存在、しかしアサは預言者ハナニを牢獄につないでしまう(10節)。それ故か、アサは両足とも病気になった、そして「彼は主を求めず、医者を求めた」(12節)と述べられている。

 私も日々の生活の中で、特に毎日のディボーションの中で神に語られる。時には励まし、時には諭し。その時にあった御言葉をくださる神。『聖書の登場人物達の興味、意図、目的、目標、態度、語る方法を含めて注意する必要がある』とウィットネス・リーは同章、回復訳聖書の注釈で述べている。私たちは御子イエス様の十字架により、罪から赦され御霊の実を結ぶ者へと日々作り変えられている。日本では新年度が始まる。今の生活に慢心せず、日々新しい日のように、主の御言葉に聞き従うものでありたい。

私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、肉の欲望を満たすことは決してありません」(ガラテヤ5:16)

もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。今私が肉において生きているいのちは、私を愛し、私のためにご自分を与えて下さった、神の御子に対する信仰によるのです。」(ガラテヤ2:20)

「主は知恵のある方。わざわいをもたらし、みことばを取り消さない。主は悪を行う者の家と、不法を行う者を助ける者に対して立ち上がる。」(イザヤ31:2)

●祈り

 天の父なる神様。今日も私に語りかけてくださりありがとうございます。あなたの恵みを受けるに値する心にどうぞ作り変えてください。全てにおいて、あなたにより頼み歩みます。

 主イエスキリスト様の御名前によって、御前にお捧げいたします。アーメン。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月17日ディボーション

歴代誌二 32章 『祈りこそ最強の武器』 ●学んだこと: 名君ヒゼキヤ王に関する最後の記述だ。 大国アッシリア帝国が、エルサレムのヒゼキヤ王国に攻め入ろうとしている、国家存亡の危機の場面。 ヒゼキヤはまず、町の泉と川のすべてを堰き止め、水を確保した。籠城しても渇くことがないようにしたのだ。水を制するものは世界を制するというほどに強い、攻めの守り。知恵の賜を働かせたのだ。 強固な城壁の外で、アッシリ

2021年4月16日ディボーション

歴代誌 第二 31章 『喜びとともにささげる! ~神の祝福の原理~』 ヒゼキヤ王によって、民が神の民へと整えられていく。この章には、偶像が徹底的に打ち砕かれて、まことの主へと礼拝をささげていく神の民の姿がある。 それは「ささげもの」を携えて、宮へと集まる民の姿だ。ヒゼキヤ王の命令によって、この民は何の躊躇もなく、喜びとともに自分の持っているものをささげるために宮へと携えていった。 それだから、宮に

2021年4月15日 デイボーション

歴代誌 第二 30章 『恵みを分かち合う事』 「ねえ、ねえ、聞いて、聞いて、今日、こんな事があったんだよ!」娘たちを学校に迎えに行って帰る車の中の会話だ。嬉しいことがあると満面の笑顔で語ってくれる子ども達。きっとその当時のヒゼキヤもそんな気持ちだったのではないだろうか? 29章で主の宮の奉仕の用意ができ、ヒゼキヤはイスラエルとユダの全土に人を遣わし、またエフライムにある主の宮に来てイスラエルの神、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com