• HCCnichigo

2021年3月22日 ディボーション

旧約聖書 歴代誌 第二 6章

●語られた事。

 神の宮が完成してイスラエルの民は主を賛美した。「その時、雲がその宮、すなわち主の宮に満ちた」(歴代誌 第二5:13)主の栄光が神の宮に満ちた。その時のソロモンの祈りと賛美がこの章には残されている。

 どの賛美も心に響く。その中でも30節の言葉に心惹かれた。

あなたご自身が、御座が据えられた場所である天から聞いて、赦し、一人ひとりに、その全ての生き方にしたがって報いてください。あなたはその心をご存知です。あなただけが、すべての人の子の心をご存知だからです。」

 神様は聞いておられる。私たちの日々の気持ちを。一言も漏らさず、感謝の言葉だけでなく、私の愚痴も、弱音も聞いてくださる主。

 神様は赦してくださる。イエス様の十字架の贖いのおかげで、罪人で、かつ異邦人の私の罪も許してくださる。

 一人一人に報いてくださる。神様はそれぞれの個性を尊重するお方。どんな生き方をしたとしても、主はそれを良しとして必要を与えてくださる神。状況によっては自分の罪の報いを刈り取る事を示されることもある。

 全ての人の子の心を神様はご存知。だから、不安な時でも私が不安である事を神様はご存知。いつまでも不安のままで放置するわけがない。なぜならイエス様によって私は神様の子とされたから。信仰によって主の御言葉が私への御言葉だと信じることができる。今日も御言葉によって心強められ、満たされる。主の子供であって良かった。主と言う父がいる事に今日も励まされた。

 ●祈り。

 天の父なる神様。「天にも地にも、あなたのような神はほかにはありません。」(14節)今日も貴方の僕、ソロモンの祈りから私の心を励ましてくださりありがとうございます。貴方はいつもベストの御言葉を私に与えてくださいます。本当にすごい!と驚嘆するばかりです。罪人の私ですが、どうぞこれからも私に必要な御言葉、そしてソロモンのように知恵を授けてください。そして貴方の愛を多くの人々に告げ知らせる強い心を与えてください。この拙い祈り、主イエスキリストのお名前を通してお捧げいたします。アーメン。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年4月12日 ディボーション

歴代誌 第二 27章 『どんな道を歩むのか?』 人生50年も生きていると様々の事に遭遇する。しかし、そんな私でもまだ体験したことが無い事に遭遇した。銃の乱射事件の犯人が立て篭もった場所の近所に住んでいたために帰宅出来なくなった。被害者が出ないように、周辺地域は侵入禁止になってしまった。友人を送って帰宅した夜の8:30の出来事。ありがたいことに、この事件を教えてくれた姉妹が泊めてくれたので早朝の事件

2021年4月11日 ディボーション

Ⅱ歴代誌26章 26章が、ウジヤ王の物語である。預言者イザヤは、この時期から預言者活動を始めたのだが、南ユダ王国の滅亡の足音が聞こえ始めてきた時期でもある。 5節には「神を認めることを教えたゼカリヤが生きていた間は、神を求めた。また彼が主を求めていた間は、神は彼を栄えるようにされた。」とある。 しかし16節「しかし、彼が強くなると、その心は高ぶり、ついに身に滅びを招いた。彼は自分の神、主の信頼を裏

2021年4月10日ディボーション

歴代誌二 25章 『語りかけることをやめない神さま』 ●学んだこと: 列王記の時もそうだったけれど歴代誌も、こうして終盤に差しかかると記者たちの文章は定型化し、少々素っ気なくなってくる。末路を知っているからだろうか。 25章の始めではアマツヤ王の評価が簡潔に記される。 25:2 彼は主の目にかなうことを行ったが、全き心をもってではなかった。 中途半端で優柔不断な信仰者だったというわけだ。 そして章

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com