top of page
  • HCCnichigo

2020月10月19日ディボーション

サムエル記第一 8章

「サムエル、リタイアを民に仄めかされて心が騒ぐ」

 長年、師士(裁きつかさ)と呼ばれる神に選ばれし人々によって導かれていたイスラエルの 民が 『他のすべての国民のように、私たちをさばく王を立てて下さい。』(5節)とサムエ ルに発言した。 「そのことばはサムエルには悪きことであった」(6節)または「サムエルを不愉快にさせ た」と言う訳もある。そんなサムエルに「民があなたに言う事は何であれそれを聞き入れよ。 なぜなら彼らは、あなたを拒んだのではなく、私が王として彼らを治めることを拒んだのだか ら」(7節)この神様の発言に偉大なる神のサムエルに対する愛を感じる。神様はサムエルを 励ましたのだ。

 人は何か同じことを続けることによって達人へと成長してく。多くの事を学び、リーダーへ と弟子と共に成長していく。しかしサムエルが弟子や自分より遥かに若い民に意見されるのは 予想もしない事であったに違いない。しかし人には必ず何かからリタイアする時が来るのだ。 サムエルも薄々感じてはいたかもしれない。しかし目の当たりにすると心が騒ぐと思う。だか ら民の言葉に違和感を感じたのだと思う。 主はそんな勝手な民も、サムエルも愛された。特に生まれる前から主に愛されていたサムエ ルは、神にとっても格別の存在であったのであろう。この箇所から、神様は神に聞き従うもの を見捨てる事なく、心を強め、主の弟子と言う存在からはリタイアすることが無いと語ってく れているような気がした。

☆祈り。

 天の父なる神様。全能の父なる神様。貴方がいてくださることに感謝いたします。 今日もあなたの御言葉から学ぶ事ができました。たくさんの気づきをありがとうございます。 世の中は心騒ぐことに溢れています。民がサムエルを見捨てても貴方が彼を励ましたように、 どうぞ私が心弱っている時は貴方が励ましてください。これからも貴方の御心が分かるよう に、心騒ぐ事なく歩んでいけるよう導いてください。アーメン。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page