top of page
  • HCCnichigo

2020年9月8日ディボーション

更新日:2020年10月3日

旧約聖書:士師記2章

「世の中を生きる」

 イスラエルの民は、ヨルダン川を渡り、神さまが約束されたカナンの地に入りました。神さまはイスラエルの民との契約を守りましたが、今度はイスラエルの民が神さまの言われたとおりに歩むかどうか知ろうとされました。

 ヨシュアと共に生きた人たちは、7節に書いてある通りに長老たちはしっかりと主に使えました。

 次にイスラエルの民は歴史も知らない、主を知らない子孫たちにバトンタッチされました。そうした時に、イスラエルの子孫たちはエジプトの地から父祖を導き出した神を捨てて、他の神々を信じたというのです。そこから新しい世代の新しい歴史、士師記が始まります。


●教えられたこと

 イスラエルの民にとって大事なことは生涯、神さまの愛は子孫に対しても変わらないという約束があります。

 自分だけ信じれば良い神では無いのです。子々孫々伝えていかなければならない事を教えています。それでは父祖がちゃんと教えを伝えていなかったのかというと、そうではないようです。子孫には、しっかりとその事を思い出し、学ぶためにさばきつかさが与えられというのです。

 さばきつかさというと裁きという不幸を持ってくるように思われますが、本当は現在の呪いの人生から祝福の人生に変わる事を神は期待されておられたのです。 

 ところがさばきつかさが居なくなると今まで以上にホッとして堕落して、他の神々を拝んだのです。それゆえにイスラエルの民は生涯、祝福から離れてしまうのです。

 そう読んでいくと、これはイスラエルの民だけの人生なのでしょうか? 私たちはイエス様を信じて「神の子」という特権が与えられます。愛の人生を生きる事になります。自分にとって都合の良い事は受け入れられるけれど、自分にとって辛い事が起こると神から離れてしまう?  

 この士師記は、その事に対して、ちょっと待て、神に繋がる事は祝福に繋がるという事を教えようとされたのです。わざわざこんな歴史を未来の人には残さないでも良いものです。

私たちはイスラエルの民のようになる前に静まって、神さまの心を知ろうと問われているのです。


●お祈り

 天のお父様、今日も聖書の御言葉を感謝します。あなたが十字架の愛で私を、また私たちを救ってくださったからあなたと繋がる事が出来ました。主よ、感謝します。

 今は先が見えない時代のど真ん中です。しかし、御言葉を通し何が大事なのか教えて下さったような気がします。あなたは何を望んでおられますか?

 私はさばきつかさを望みませんが、それが私に、私たちにとって大事なのならば何をすれば良いのかを教えて下さい。気付かせて下さい。あなたの十字架の愛をもっと自分のものに出来るように助けて下さい。そしてあなたの光を知り、輝き照らす者として下さい。お願いします。 

イエス様の御名によりお祈り致します。 アーメン

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page