top of page
  • hccnichigo

2020年9月7日ディボーション

更新日:2020年10月3日

使徒の働き 5:39


神から出たものならば、あなたがたには彼らを滅ぼすことはできないでしょう。


 ここでのシーンは、ペテロや使徒達の活発的な伝導に対して多くの偉いユダヤ人達が彼らを迫害しようとしています。偉大な律法学者(パリサイ人)のガマリエルもそのうちの一人ですが、ペテロや使徒たちの扱いについて、大祭司達に注意しています。


【聖書を読んで理解した事】

 神様の働きであるとどんな事でも可能になる。またその逆で言うと、神様の働きではないものは上手くいかない。だからガブリエルさんが言ったように、使徒たちを滅ぼそうとしたって無理。何故なら神様から出たものは誰にでもどうもできないから。


【感じた事】

 自分の考え・選択・行動が神様から出たもの(神様の働き)かどうかって理解するのは難しいと感じたり悩む事があります。「これって自分勝手?」「それとも神様のアイディア?」と。


【祈り】

 神様、いつもあなたの事を考えて、一呼吸置いて、いつも祈れる事ができますように。またどんな時もあなたの働きができますように、敏感に感じる事にできるように整えてください。アーメン 


Erika

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年10月19日 ディボーション

使徒の働き28章 使徒の働き最後の章である。長い航海でいろんな危険を通ってきたパウロ達がたどり着いた所はマルタと呼ばれている島だった。航海中もパウロは主の名によって奇跡をおこした。そして、今度はこのマルタ島でもパウロ自身が一匹のまむしにかまれたのに何も起こらなかった出来事が述べられているのである。島の人々は、パウロを見て、「この人は神様だ」と言い出した。さらに、この島の長官であるプブリウスの父が、

2022年10月18日 ディボーション

使徒の働き27章 『難破船の276人の命』 ヨット遭難の経験がある。ワシントン州のリバティー湾で小さなヨットに乗っていた時に死 にかけた。しばらく帆走した後に風が強い日に帆を大きく張って出発してしまったので突風を 受けてあっという間に浸水して小さなヨットは逆さまになって自分は海に落ちた。沈(チン) してもセールを元に戻せる自信があって風の中を出発したのだが、2回ほどセールを戻そうと ヨットの下に突

2022年10月17日 ディボーション

使徒の働き26章 『パウロの証し』 パウロの証しの章です。パウロは、囚われた後、アグリッパ王に弁明する機会が与えられました。しかしその弁明のほとんどは、パウロ自らの証しとなっています。そしてその証しは、聞いているアグリッパ王を回心させようとするほどでした。 パウロの証しを手本に、証しの手順について考えてみました。 聴衆に対して敬意を表し、忍耐をもって聞いていただけるよう、お願いする(1—3) 自己

Comments


bottom of page