2020年9月7日ディボーション

更新日:2020年10月3日

使徒の働き 5:39


神から出たものならば、あなたがたには彼らを滅ぼすことはできないでしょう。


 ここでのシーンは、ペテロや使徒達の活発的な伝導に対して多くの偉いユダヤ人達が彼らを迫害しようとしています。偉大な律法学者(パリサイ人)のガマリエルもそのうちの一人ですが、ペテロや使徒たちの扱いについて、大祭司達に注意しています。


【聖書を読んで理解した事】

 神様の働きであるとどんな事でも可能になる。またその逆で言うと、神様の働きではないものは上手くいかない。だからガブリエルさんが言ったように、使徒たちを滅ぼそうとしたって無理。何故なら神様から出たものは誰にでもどうもできないから。


【感じた事】

 自分の考え・選択・行動が神様から出たもの(神様の働き)かどうかって理解するのは難しいと感じたり悩む事があります。「これって自分勝手?」「それとも神様のアイディア?」と。


【祈り】

 神様、いつもあなたの事を考えて、一呼吸置いて、いつも祈れる事ができますように。またどんな時もあなたの働きができますように、敏感に感じる事にできるように整えてください。アーメン 


Erika

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

使徒の働き12章 『祈ることの大切さ』 アンテオケ教会からエルサレム教会へ物資等が送られ、義援金が集められていた頃、ヘロデ王は教会を抹殺しようと、使徒たちへの迫害を始めました。そこで、最初の殉教者となったのが、ヨハネの兄弟であるヤコブでした。彼は、ゼベダイの子で、その兄弟ヨハネと共に、雷の子という名が付けられた人です(マルコ3:17)。ヤコブの処刑は、ユダヤ人たちを喜ばせました。そしてそれを知った

使徒の働き11章 異邦人たちも神のことばを受け入れたことを耳にした使徒たちとユダヤにいる兄弟たちは、興奮して喜んでくれるかと思いきや、ペテロがエルサレムに上って来たときに非難したのである。彼らがペテロを非難したのは、割礼を受けていない者たち、つまり異邦人たちのところに行って、食事をしたということにこだわったのである。兄弟たちは、事情を知らなかったので、古い習慣で異邦人を差別してはならないということ

使徒の働き10章 『神さまを語るということ』 大改革を迎えた。10章から11章まで、異邦人が初めて洗礼を受けたことの詳細が伝えられている。 ユダヤ人のペテロにとって、異邦人は汚れた存在で近づくことなどあり得なかった。同胞の血が混ざるサマリア人でさえ犬猿の仲で拒み続けていた。 長い分断を和解させるために、イエスさまは大胆かつ繊細に改革された。 ローマから派遣されたイタリア隊はサマリアの港町、カイサリ