top of page
  • hccnichigo

2020年9月6日ディボーション

更新日:2020年10月3日

テサロニケ人への手紙 第二 3章9.12節


 私たちに権利がなかったからではなく、あなたがたが私たちを見習うように、身をもって模範を示すためでした。

そのような人たちに、主イエス・キリストによって命じ、勧めます。落ち着いて仕事をし、自分で得たパンを食べなさい。


 パウロからテサロニケ人へ送られた手紙の中で、最後に主によって命じられた勧め。

“怠惰になることなく、落ち着いて仕事をし、自分で得たパンを食べなさい”

 パウロ自身が、身をもってそのことを模範を示して教えてくれたことが書いてある。


 私たちは、今ある物や日常や環境の中で、知らずのうちに当たり前のように生活していることがよくある。特にこの自粛生活になってからは、その恵みに気づくことが多くあった。

 汗水流して苦労して得たものは、やはり大切に扱い、感謝の心が常にわいてくるのが人間の心理だと思う。逆に恵みゆえに、その満たされた心や環境が当たり前になって、怠惰な行動や謙虚さが薄れたり…。


 人生の中では本当に色々なシーズンがあるけれど、貧しいときも豊かなときも、そこにある主の恵みに目を向けて、父なる神であるお方に”感謝”を捧げることを忘れないでいたいと願う。

 足りないものに不満を覚える前に、与えられている恵みに感謝して。すべて私のものであるようで、本当はすべて主から受けた恵みであるということを。


*祈り

 天のお父さん、神様。あなたが、私の天のお父さんでいて下さることを感謝します。

あなたは誰よりも私自身を、私の必要を知っていて下さるお方。天のお父さんからのたくさんの愛と、恵みの数々をありがとうございます。あなたから与えられている全てに感謝して、またその恵みをじっくりと味わいたいです。

 怠惰な自分でさえも正当化してしまうような心があることにも、気づきました。どうか、いつも主の前と人の前に、謙虚な心と感謝を忘れることがありませんように。その中で、主と共に良い働きをこれからもしていくことが出来ますように助けて下さい。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年5月7日 テサロニケ人への手紙第二 3章

私パウロが自分の手であいさつを記します。これは、私のどの手紙にもあるしるしです。このように私は書くのです。」17節 パウロは自分の手紙は口述筆記をさせて書かれたものであったが、このようにして、「自分の手であいさつを記します。」と書いたのは偽のパウロの手紙が出回っていたためだと言われている。 どのようにパウロは書くのかというと、18節の御言葉である。このパウロの最期の挨拶は、主ご自身の恵みであり、ク

2023年5月6日 テサロニケ人への手紙 第二 2章

『御口の息』 私たちの日々の祈りや、教会に集って礼拝を捧げるということが、どれだけ密接に「終末」や「再臨」と結びついているかを黙想させてくれる2章だった。そして、テサロニケの人たちと同じように、今の私たちも「主の日は近い」患難の中にいる。 「私たちの主イエス・キリストの来臨と、私たちが主のみもとに集められることに関して」(1節抜粋) 「主のみもとに集められる」というのは、携挙の時だけを指しているの

2023年5月5日 テサロニケ人への手紙第二 1章

「神の報復」 パウロは、神の恵みによってテサロニケで新しい教会の基礎を築いたものの、敵対するユダヤ人が原因で急遽テサロニケを離れ、第一の手紙を書き、その後まもなく、この第二の手紙を書いたといわれています。第一の手紙で書き送った主の再臨と主の日についての教えの誤解をこの一章では説いているようです。 パウロは、テサロニケ人たちの信仰が目に見えて成長していることに感謝しています。どうしてかというと、彼ら

Comments


bottom of page