• HCCnichigo

2020年9月26日ディボーション

詩篇119篇

65節「主よ、あなたは御言葉のとおりに、僕によくしてくださいました。」

68節「あなたは善い方、善いことをなさる方、あなたの掟を教えてください。」

 ここ数日、通読箇所と別に、ヘブル語のアルファベットの各文字から成る176節に渡る詩篇119篇をアルファベットごとに、詩人と祈りを重ねつつ味わう時をもっている。

 今日は、アルファベットでは(テト)にあたる65節~72節の御言葉を黙想した。

 個人的に特に響いた御言葉は、65節、68節の御言葉だ。シンプルに「本当にその通り!」「アーメン!」と思った。

 そして、私自身、65節の「あなたは御言葉のとおりに…」という箇所を通して、すぐに心に浮かんだ御言葉があった。それは、ずっと前々から個人的に語られていたヘブル人への手紙13章20~21節の御言葉である。

「永遠の契約の血による羊の大牧者、私たちの主イエスを、死者の中から引き上げられた平和の神が、御旨に適うことをイエス・キリストによって私たちにしてくださり、御心を行うために、すべての良いものをあなたがたに備えてくださるように。栄光が世々限りなくキリストにありますように、アーメン。」

 平和の神は、今日も生きて働いておられる。確かに、御言葉のとおりに、僕によくしてくださる真実を味わった朝であった。主はいつでも善い方、善いことをなさる方である。だから、もっとこの方の御言葉を慕い求めていきたい。


応答

天のお父様、

あなたの御言葉を感謝いたします。あなたの御言葉は私の日々の糧、私を導く道の光です。もっとあなたの御言葉が、私の人生すべて、全領域に亘って、生きて働くものとなりますように。あなたの御言葉を愛します。アーメン。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

2020年9月28日ディボーション

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年