2020年9月26日ディボーション

詩篇119篇

65節「主よ、あなたは御言葉のとおりに、僕によくしてくださいました。」

68節「あなたは善い方、善いことをなさる方、あなたの掟を教えてください。」

 ここ数日、通読箇所と別に、ヘブル語のアルファベットの各文字から成る176節に渡る詩篇119篇をアルファベットごとに、詩人と祈りを重ねつつ味わう時をもっている。

 今日は、アルファベットでは(テト)にあたる65節~72節の御言葉を黙想した。

 個人的に特に響いた御言葉は、65節、68節の御言葉だ。シンプルに「本当にその通り!」「アーメン!」と思った。

 そして、私自身、65節の「あなたは御言葉のとおりに…」という箇所を通して、すぐに心に浮かんだ御言葉があった。それは、ずっと前々から個人的に語られていたヘブル人への手紙13章20~21節の御言葉である。

「永遠の契約の血による羊の大牧者、私たちの主イエスを、死者の中から引き上げられた平和の神が、御旨に適うことをイエス・キリストによって私たちにしてくださり、御心を行うために、すべての良いものをあなたがたに備えてくださるように。栄光が世々限りなくキリストにありますように、アーメン。」

 平和の神は、今日も生きて働いておられる。確かに、御言葉のとおりに、僕によくしてくださる真実を味わった朝であった。主はいつでも善い方、善いことをなさる方である。だから、もっとこの方の御言葉を慕い求めていきたい。


応答

天のお父様、

あなたの御言葉を感謝いたします。あなたの御言葉は私の日々の糧、私を導く道の光です。もっとあなたの御言葉が、私の人生すべて、全領域に亘って、生きて働くものとなりますように。あなたの御言葉を愛します。アーメン。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱