top of page
  • hccnichigo

2020年9月25日デボーション

使徒の働き 3章4~6節と16節


「私たちを見なさい」


4:ペテロは、ヨハネとともにその人を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。

5:彼は何かもらえると期待して、二人に目を注いだ。

6:すると、ペテロは言った。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

16:このイエスの名が、その名を信じる信仰のゆえに、あなたがたが今見て知っているこの人を強くしました。イエスによって与えられる信仰が、この人を皆さんの前で、このとおり完全なからだにしたのです。


*黙想

『私たちを見なさい』は、ペテロのことばではあるけど、イエス様のことばとして響いた。

 実際は、ペテロの”ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。”のことばの後、足の不自由な人が立ち上がった。しかし16節に、”イエスによって与えられる信仰”とあるように、あのときイエス様が彼に信仰を与え、癒された。

 そして彼は今直近で必要な、金銀などの必要を求めたけど、イエス様はそれ以上の、もっと先まで見越した、彼の将来にとって最善の足の癒しを与えられた。主の御名はほむべきかな。


*お祈り

 癒し主である天の父なる神様。ハレルヤ。あなたの御名をほめたたえます。あなたは全ての人に対して、最善を与えたいと願い、愛してくださるお方であることを思い、感謝します。

 つい目先の不安や必要に目を留めて、焦り、あなたに願い求めるような弱い者です。

 でも今日このみことばを読んで、あなたに『私を見なさい』と語られて、目が覚めました。自分の都合ではなく、何にも揺るがないあなたから目を離さないで。そして最善を成してくださるあなたに信頼して、一歩一歩のともしびを頼りに歩んでいくことが出来ますように。

 わたしの内にいて下さる聖霊様、どうか私の信仰が、心が、あなたに向き続けることが出来ますように、助けてください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年10月19日 ディボーション

使徒の働き28章 使徒の働き最後の章である。長い航海でいろんな危険を通ってきたパウロ達がたどり着いた所はマルタと呼ばれている島だった。航海中もパウロは主の名によって奇跡をおこした。そして、今度はこのマルタ島でもパウロ自身が一匹のまむしにかまれたのに何も起こらなかった出来事が述べられているのである。島の人々は、パウロを見て、「この人は神様だ」と言い出した。さらに、この島の長官であるプブリウスの父が、

2022年10月18日 ディボーション

使徒の働き27章 『難破船の276人の命』 ヨット遭難の経験がある。ワシントン州のリバティー湾で小さなヨットに乗っていた時に死 にかけた。しばらく帆走した後に風が強い日に帆を大きく張って出発してしまったので突風を 受けてあっという間に浸水して小さなヨットは逆さまになって自分は海に落ちた。沈(チン) してもセールを元に戻せる自信があって風の中を出発したのだが、2回ほどセールを戻そうと ヨットの下に突

2022年10月17日 ディボーション

使徒の働き26章 『パウロの証し』 パウロの証しの章です。パウロは、囚われた後、アグリッパ王に弁明する機会が与えられました。しかしその弁明のほとんどは、パウロ自らの証しとなっています。そしてその証しは、聞いているアグリッパ王を回心させようとするほどでした。 パウロの証しを手本に、証しの手順について考えてみました。 聴衆に対して敬意を表し、忍耐をもって聞いていただけるよう、お願いする(1—3) 自己

Comments


bottom of page