• HCCnichigo

2020年9月25日デボーション

使徒の働き 3章4~6節と16節


「私たちを見なさい」


4:ペテロは、ヨハネとともにその人を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。

5:彼は何かもらえると期待して、二人に目を注いだ。

6:すると、ペテロは言った。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

16:このイエスの名が、その名を信じる信仰のゆえに、あなたがたが今見て知っているこの人を強くしました。イエスによって与えられる信仰が、この人を皆さんの前で、このとおり完全なからだにしたのです。


*黙想

『私たちを見なさい』は、ペテロのことばではあるけど、イエス様のことばとして響いた。

 実際は、ペテロの”ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。”のことばの後、足の不自由な人が立ち上がった。しかし16節に、”イエスによって与えられる信仰”とあるように、あのときイエス様が彼に信仰を与え、癒された。

 そして彼は今直近で必要な、金銀などの必要を求めたけど、イエス様はそれ以上の、もっと先まで見越した、彼の将来にとって最善の足の癒しを与えられた。主の御名はほむべきかな。


*お祈り

 癒し主である天の父なる神様。ハレルヤ。あなたの御名をほめたたえます。あなたは全ての人に対して、最善を与えたいと願い、愛してくださるお方であることを思い、感謝します。

 つい目先の不安や必要に目を留めて、焦り、あなたに願い求めるような弱い者です。

 でも今日このみことばを読んで、あなたに『私を見なさい』と語られて、目が覚めました。自分の都合ではなく、何にも揺るがないあなたから目を離さないで。そして最善を成してくださるあなたに信頼して、一歩一歩のともしびを頼りに歩んでいくことが出来ますように。

 わたしの内にいて下さる聖霊様、どうか私の信仰が、心が、あなたに向き続けることが出来ますように、助けてください。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月11日ディボーション

使徒の働き1. 10章 【コメント】 今まではユダヤ人(イスラエル人)だけに、イエス・キリストの福音が述べ伝えられ、異邦人には関係のない事でした。(自分たちは救われないものだと信じていました。)しかし、ここで神様の働きが起きます!なんと弟子のペテロの夢の中で神様が語りかけます。 11節~15節 神様は夢の中で、きよくないとされていた動物をペテロに食べなさいと語ります。ペテロは困惑します。すると神様

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な