top of page
  • hccnichigo

2020年9月24日ディボーション

士師記18章  

「そのころ、イスラエルには王がいなかった。(1節)


 このことばは、17章6節にも記されている。「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えることを行っていた。」


18章のダン族の行動は、蛮行と言ってよいものだ。ミカの家から鋳造とエポデとティラフィムを分捕り、レビ人の若者を奪い、平穏に暮らしていた民を虐殺し、土地を奪ったのだ。やりたい放題に見える。

 しかし、ダン族には、ダン族の言い分があり、正義があったのだろう。それが「自分の目に良いと見えることを行っていた」ということである。

 王がいないという事の意味は、法律がないということだ。法律がないということは、秩序がないということになる。

 士師記は、まさに無秩序の世界、「自分の目に良いと見えることを行っていた」という世界である。「自分の目に良いこと」は、他者にとっても「良いこと」とは限らない。「良いこと=正義」が相対化されるとき、それぞれが「自分の正義」に基づいて行動し始める。すると、そこには衝突と争いしか起こらないだろう。いくら、第三者がそれは蛮行だと訴えても、当人が「これは自分にとって良いことだ」と言えば、それまでだ。

 王がいなということは、無秩序と争いを引き起こす。


語られたこと

 現代においても、王の王である主に従うことを抜きにしてしまうと、みんなが「自分にとって良いこと」を行い始め、それぞれの正義が主張されて、衝突と争いが引き起こされてしまう。まさに現代は、この士師記の時代と変わらないのではないだろう。

 私たちは、自分にとっての正義ではなく、神の正義の中に生きる者でありたい、自分の目にとって良いことではなく、神の目にとって良いことを行う者でありたいと思わされた。


祈り

 天の父よ。私が、自分にとっての正義ではなく、主よ、あなたの正義に生きる者とならせてください。そして、自分の目にとってではなく、神の目に良いことを行えるように導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年4月17日 士師記21章

気が滅入るような事件が続きます。ベニヤミン族を絶やさないための策は、モラルなどまったくない目を覆いたくなるような内容です。 確かに、イスラエル民族にとって12部族があるということは、民族的に重要だったのです。しかし、ベニヤミン属を絶やさないために取った方法は、とんでもないことです。 士師記に繰り返されている文言が、士師記の最後のことばでもあります。 「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自

2024年4月16日 士師記20章

『ベニアミン族との内戦』 ここは、19章から続いてイスラエル12部族のベニアミン族と内戦に至る状況が示されている。今まで、イスラエルの民は外敵と闘い続けていたわけですが、今度はベニアミン族との身内の戦いとなります。 12部族の始まりは創世記のヤコブの息子達からですが、ベニアミンはヤコブと愛妻ラケルからの二人息子のひとりです。ヤコブが特に可愛がったヨセフと彼の兄弟ベニアミンに対してヤコブが死の床でそ

2024年4月15日 士師記19章

『神から離れるな』 イスラエルの王がいなかった時代、民はそれぞれが正しいと思うことを行っていました。彼らは、異教の民を追放せよという主の命令に背いた結果、霊的にも道徳的にも崩壊していったようです。特にギブアでの戦いはイスラエルにとって民族の傷となりました。 ギブアでの戦いとは、ベニヤミン対11部族による内戦のことですが、その原因となったのは、エフライム山地の奥に寄留していたレビ人の妻に起こった出来

留言


bottom of page