top of page
  • HCCnichigo

2020年9月24日ディボーション

士師記18章  

「そのころ、イスラエルには王がいなかった。(1節)


 このことばは、17章6節にも記されている。「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えることを行っていた。」


18章のダン族の行動は、蛮行と言ってよいものだ。ミカの家から鋳造とエポデとティラフィムを分捕り、レビ人の若者を奪い、平穏に暮らしていた民を虐殺し、土地を奪ったのだ。やりたい放題に見える。

 しかし、ダン族には、ダン族の言い分があり、正義があったのだろう。それが「自分の目に良いと見えることを行っていた」ということである。

 王がいないという事の意味は、法律がないということだ。法律がないということは、秩序がないということになる。

 士師記は、まさに無秩序の世界、「自分の目に良いと見えることを行っていた」という世界である。「自分の目に良いこと」は、他者にとっても「良いこと」とは限らない。「良いこと=正義」が相対化されるとき、それぞれが「自分の正義」に基づいて行動し始める。すると、そこには衝突と争いしか起こらないだろう。いくら、第三者がそれは蛮行だと訴えても、当人が「これは自分にとって良いことだ」と言えば、それまでだ。

 王がいなということは、無秩序と争いを引き起こす。


語られたこと

 現代においても、王の王である主に従うことを抜きにしてしまうと、みんなが「自分にとって良いこと」を行い始め、それぞれの正義が主張されて、衝突と争いが引き起こされてしまう。まさに現代は、この士師記の時代と変わらないのではないだろう。

 私たちは、自分にとっての正義ではなく、神の正義の中に生きる者でありたい、自分の目にとって良いことではなく、神の目にとって良いことを行う者でありたいと思わされた。


祈り

 天の父よ。私が、自分にとっての正義ではなく、主よ、あなたの正義に生きる者とならせてください。そして、自分の目にとってではなく、神の目に良いことを行えるように導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page