• HCCnichigo

2020年9月24日ディボーション

士師記18章  

「そのころ、イスラエルには王がいなかった。(1節)


 このことばは、17章6節にも記されている。「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えることを行っていた。」


18章のダン族の行動は、蛮行と言ってよいものだ。ミカの家から鋳造とエポデとティラフィムを分捕り、レビ人の若者を奪い、平穏に暮らしていた民を虐殺し、土地を奪ったのだ。やりたい放題に見える。

 しかし、ダン族には、ダン族の言い分があり、正義があったのだろう。それが「自分の目に良いと見えることを行っていた」ということである。

 王がいないという事の意味は、法律がないということだ。法律がないということは、秩序がないということになる。

 士師記は、まさに無秩序の世界、「自分の目に良いと見えることを行っていた」という世界である。「自分の目に良いこと」は、他者にとっても「良いこと」とは限らない。「良いこと=正義」が相対化されるとき、それぞれが「自分の正義」に基づいて行動し始める。すると、そこには衝突と争いしか起こらないだろう。いくら、第三者がそれは蛮行だと訴えても、当人が「これは自分にとって良いことだ」と言えば、それまでだ。

 王がいなということは、無秩序と争いを引き起こす。


語られたこと

 現代においても、王の王である主に従うことを抜きにしてしまうと、みんなが「自分にとって良いこと」を行い始め、それぞれの正義が主張されて、衝突と争いが引き起こされてしまう。まさに現代は、この士師記の時代と変わらないのではないだろう。

 私たちは、自分にとっての正義ではなく、神の正義の中に生きる者でありたい、自分の目にとって良いことではなく、神の目にとって良いことを行う者でありたいと思わされた。


祈り

 天の父よ。私が、自分にとっての正義ではなく、主よ、あなたの正義に生きる者とならせてください。そして、自分の目にとってではなく、神の目に良いことを行えるように導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

2020年9月28日ディボーション

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com