• HCCnichigo

2020年9月23日ディボーション

士師記13章から語られたこと

 マノアの妻が聖霊によって受胎告知を受けるところは、聖書に登場する他の三人の女性達と重なった。新約時代のマリアの受胎告知、そして旧約時代のアブラハムの妻サラの受胎告知、エリサベツの受胎告知である。

 この四人の女性達の信仰のあり方に考えさせられた。サラが受胎告知を受けた時は隠れたところで笑った。確かに高齢であったサラにとっては信じられがたいことで、笑うしかなかったと思う。

 エリサベツもかなりの年寄りであったけど受胎告知を喜んで受け入れた。マリアがエリサベツを訪ねて来た時にエリサベツはマリアを大いに祝福し喜びをわかちあう。と同時にエリサベツのお腹の赤ちゃんも踊っていたといわれている。

 そして、マノアの妻も受胎告知に驚きはしたけど喜んで受け入れた。

 マリアはまだ男性を知らないのにいきなり受胎告知を言われた時は恐れた。恐れはあったけれどもマリアの信仰が受け入れる喜びに変わったとおもう。誰がどうこうっていうわけではないけれど、いえることは神が計画されておられることは必ず実現することだと思う。いろんな状況の中で神を受け入れるのはむつかしいけれども、神のなさることを幼子のようになって信じて受け入れば、主は大いに喜ばれて祝福してくださる。そういう祝福したものになりたい。


祈り

 愛する天のお父様、あなたの御名を崇めます。今日の御言葉を私に与えて下さって心から感謝します。あなたの御計画は必ず成就すること、そしてそのことを信じるものになっていけますように助けて下さい。感謝して主イエスキリストのみなによってお祈りします。アーメン。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

2020年9月28日ディボーション

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com