top of page
  • hccnichigo

2020年9月23日ディボーション

士師記13章から語られたこと

 マノアの妻が聖霊によって受胎告知を受けるところは、聖書に登場する他の三人の女性達と重なった。新約時代のマリアの受胎告知、そして旧約時代のアブラハムの妻サラの受胎告知、エリサベツの受胎告知である。

 この四人の女性達の信仰のあり方に考えさせられた。サラが受胎告知を受けた時は隠れたところで笑った。確かに高齢であったサラにとっては信じられがたいことで、笑うしかなかったと思う。

 エリサベツもかなりの年寄りであったけど受胎告知を喜んで受け入れた。マリアがエリサベツを訪ねて来た時にエリサベツはマリアを大いに祝福し喜びをわかちあう。と同時にエリサベツのお腹の赤ちゃんも踊っていたといわれている。

 そして、マノアの妻も受胎告知に驚きはしたけど喜んで受け入れた。

 マリアはまだ男性を知らないのにいきなり受胎告知を言われた時は恐れた。恐れはあったけれどもマリアの信仰が受け入れる喜びに変わったとおもう。誰がどうこうっていうわけではないけれど、いえることは神が計画されておられることは必ず実現することだと思う。いろんな状況の中で神を受け入れるのはむつかしいけれども、神のなさることを幼子のようになって信じて受け入れば、主は大いに喜ばれて祝福してくださる。そういう祝福したものになりたい。


祈り

 愛する天のお父様、あなたの御名を崇めます。今日の御言葉を私に与えて下さって心から感謝します。あなたの御計画は必ず成就すること、そしてそのことを信じるものになっていけますように助けて下さい。感謝して主イエスキリストのみなによってお祈りします。アーメン。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年4月17日 士師記21章

気が滅入るような事件が続きます。ベニヤミン族を絶やさないための策は、モラルなどまったくない目を覆いたくなるような内容です。 確かに、イスラエル民族にとって12部族があるということは、民族的に重要だったのです。しかし、ベニヤミン属を絶やさないために取った方法は、とんでもないことです。 士師記に繰り返されている文言が、士師記の最後のことばでもあります。 「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自

2024年4月16日 士師記20章

『ベニアミン族との内戦』 ここは、19章から続いてイスラエル12部族のベニアミン族と内戦に至る状況が示されている。今まで、イスラエルの民は外敵と闘い続けていたわけですが、今度はベニアミン族との身内の戦いとなります。 12部族の始まりは創世記のヤコブの息子達からですが、ベニアミンはヤコブと愛妻ラケルからの二人息子のひとりです。ヤコブが特に可愛がったヨセフと彼の兄弟ベニアミンに対してヤコブが死の床でそ

2024年4月15日 士師記19章

『神から離れるな』 イスラエルの王がいなかった時代、民はそれぞれが正しいと思うことを行っていました。彼らは、異教の民を追放せよという主の命令に背いた結果、霊的にも道徳的にも崩壊していったようです。特にギブアでの戦いはイスラエルにとって民族の傷となりました。 ギブアでの戦いとは、ベニヤミン対11部族による内戦のことですが、その原因となったのは、エフライム山地の奥に寄留していたレビ人の妻に起こった出来

Comments


bottom of page