• HCCnichigo

2020年9月20日ディボーション

聖書箇所:Ⅰテサロニケ5章16~19節


「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。

すべてのことにおいて感謝しないさい。

これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

御霊を消してはいけません」


語られたこと:

 以前から知っており暗唱もしていた有名なみ言葉ですが、いままでは「いつも」という言葉をよく理解しておりませんでした。

 イエス様は私たちが苦難のなかにあっても「いつも喜びなさい」と語っておられることに気が付きました。

 病のときも、悲しみのときにも、いつも喜び感謝し祈りなさいとイエス様は教えておられたのでした。

 しかし、これは人間の力ではできない事です。ですから19節に「御霊を消してはいけません」と語られています。

 御霊に満たされる時にのみ、私たちにはこの世にはない喜びに生きる事が出来るようになるのです。

 ですから私たちは聖霊に満たされることを心から求める必要があります。

 そして、私たちがするべきことは、喜ぶという日々の決断だと思います。


祈り:

 主イエス様、あなたは十字架の苦しみの中にあっても喜んでおられたお方です。

 十字架にかけられているときにも、あなたは父なる神に祈りを捧げ、感謝をしておられたお方です。

 私たちも聖霊の助けを頂いて、いつも喜び祈り感謝して生きることが出来ますように助けてください。

 主イエス様の御名によってお祈りします。アーメン。


吉田文人

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

2020年9月28日ディボーション

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年