top of page
  • hccnichigo

2020年9月18日ディボーション

出エジプト記 3:5


 神は仰せられた。「ここに近づいてはならない。あなたの履き物を脱げ。あなたの立っている場所は聖なる地である。」


*黙想

 神の山ホレブにやってきたモーセに、神様が語ったことば。申命記4:10には、ホレブで”神を恐れること”が書いてある。

・”近づくな”のことばは、アダムとエバに善悪の知識の木から食べてはならないと言われた神様のことばを連想した。

・”履き物”は、汚い土やほこりまみれのもの。それを脱ぐとは、きれいできよいものとして。 

・”土足で上がる”ということは、その人の領域に踏み込むという意味合いでも日本語ではある。つまり境界線を越えるということ。

“神の領域”について、考える。

 私たちも、知らずに神様、または他の人の領域に踏み入ってしまったという経験があると思う。

(ペテロが十字架にかかる前のイエス様をわきによび、さとしたような経験が。)

しかし、神様は”履き物を脱ぎなさい”と、優しく悟し、教えてくださった。

清め(clean)、聖め(Holy)

 イエス様の十字架によって、きよめられ、信仰と共に、ただ恵みによって私たち人間も、この神様との親密な交わり、神の子としての近い関係が与えられた。

祈ることの出来る恵みを感謝します。


*祈り

 天の父なる神様。あなたからわたしに手を差し伸べてくださったこの恵みを、感謝します。

 イエス様の十字架によって、あなたとのこの近い親密な関係が与えられたことは、本当に恵みです。しかしながら、主を恐れることを忘れずに、主の前にへり下り、あなたに、人に仕える心を学ぶことが出来ますように。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年9月6日 出エジプト記40章

「モーセは天幕に入ることができなかった」 日本の神社がここで示されている幕屋の構造と似ている事に気づかれたでしょうか。神社の鳥居がなぜ赤いのかは分かりませんが、出エジプトでイスラエルの民が門柱を羊の血で塗った事を思い起こさせませんか。神社の境内に入ると手水舎(ちょうずや)で清めます。幕屋にも洗盤があって身を清めます。香をたてるのは幕屋の祈りを捧げる香壇を思い出させるし、賽銭箱で拝むのは略式参拝、そ

2023年9月5日 出エジプト記39章

幕屋の完成 いよいよ、幕屋が完成します。ユダヤ暦の1月、新年のニサンの月の第一日に幕屋を設営します。これは私達の太陽暦での3~4月に当たるわけですが、やがてこのユダヤ暦で新年の15日から21日の日没まで過越の祭りが行われます。 大祭司の胸当てエポデには12部族を表し、荒野でのそれぞれ幕屋の周りにの宿営と行進する順番通りにエポデに組み込まれてゆくわけですが、それぞれの宝石と代表する部族には深い意味が

2023年9月4日 出エジプト記38章

『女たちによる献げもの』 アイゾン直子 ベツァルエルは次にアカシヤ材で祭壇を作り、青銅で壺、十能、鉢、肉刺し、火皿といった祭壇用具、続いて洗盤、庭を作ったことを報告しています。彼はオホリアブと共に、主が命じた通りにそれらを作りました。さらに彼は使用した材料についても報告していますが、その量に驚かされます。金は約1トン、銀は約3.5トン使用したことが書いてあります(パスターまことの聖書通読一日一生参

Comments


bottom of page