• HCCnichigo

2020年9月17日ディボーション

士師記11章「私は、その人を全焼のささげ物として献げます。(31節)


 なんともやるせない出来事である。士師としてエフタは、イスラエルに勝利をもたらした。しかしエフタは、アンモン人に勝利したら、最初に自分を出迎えた者を生贄として捧げますと誓ってしまったのだ。

 そして、なんと自分のたった一人の娘が、最初に彼を迎えに出て来たのだ。エフタは誓った通りに、一人娘を生贄として捧げてしまったのである。しかも、娘もそれに従順に従ったのであった。

 そもそも、人間を生贄にするというのは、真の神の教えでなく、異教の教えである。人間の生贄を捧げる理由などないのだ。何を勘違いしたのか、調子に乗ったのか、エフタはとんでもない事を主に誓ってしまったのだ。主は、そのような人間の生贄など喜ばれないのだ。これは、まったくエフタの独りよがりである。

 私たちは、主が喜ばれる生贄とは何か? を知る必要がある。熱心であれば、犠牲が伴えば、純粋な気持ちであれば、やる気があれば...、何でも捧げていいわけではない。何を捧げているのかが重要なことだ。

 主に喜ばれる生贄は、「見よ、聞き従うことは、生贄にまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる」(1サムエル15:22) 「神への生贄は、砕かれた霊。打たれ、砕かれた心。神よ。あなたはそれを蔑まれません。」(詩篇51:17)と記されている。


語られたこと

 自分は、献身している、主に捧げていると思っている。しかし、意外と神に喜ばれないものを、自分の独りよがりで捧げたつもりになっていることがないだろうか。

 自分は「何を」捧げているのかをもう一度考えさせられた。そうすると、結局、自分が捧げることが出来るものとしては、「砕かれた霊、打たれ、砕かれた心」しかないのではないかと思える。ヘンリー・ナーウェンは、「自分には、自分の弱さ以外、神に捧げるものない」ということを言われた。その通りだと思わされた。 


祈り  天の父よ。本当にあなたが喜ばれる生贄とは、何なのかを知り、捧げることができますように。父の心をもっともっと知ることが出来ますように、私を主の御許に近づけてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン 天の父よ。本当にあなたが喜ばれる生贄とは、何なのかを知り、捧げることができますように。父の心をもっともっと知ることが出来ますように、私を主の御許に近づけてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

2020年9月28日ディボーション

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年