2020年9月12日ディボーション

士師記6章11~ ギデオンのように


 イスラエルがミディアン人の手に渡され、嘆きと失意の中にあった時、主はギデオンを士師(イスラエルの指導者)として召し出された。 その場面は「神の召し」とは、どういうことなのか、実に教えられる。

 主の使いは、ギデオンに現れ、このように語りかける。 12節「力ある勇士よ、主があなたとともにおられる。」

 一方で、ギデオンのことばから感じとるのは、イスラエルの現実に落胆を隠せない彼の姿であ る。 13節「ああ、主よ。もし主が私たちとともにおられるのなら、なぜこれらすべてのことが、私たち に起こったのですか。...」

 そのような心と思いの中にあるギデオンを、主はイスラエルの救いのために召し出された。

 ギデオンは、正直自信もない。 15節「ああ、主よ。どうすれば私はイスラエルを救えるでしょうか。 ご存じのように、私の氏族は マナセの中で最も弱く、そして私は父の家で一番若いのです。」

しかし、主は彼を召し出し、動かされるのだ。 何度も出てくることばがある。 「主がともにおられる。」

そして今朝、私が特に響いた主の御声、それは14節の主のことばだ。 「わたしがあなたを遣わすのではないか。」


 主が私を遣わしてくださる。

 主が私とともにおられる。

 主が私を召し出してくださる。


 ギデオンのように、たとえ自分に自信がなくても、召してくださる主の御声に耳を傾け、主の召 しを忠実に全うする生涯を歩ませていただきたい。


応答

天のお父様、

 あなたのみことばを感謝いたします。主よ、あなたは私が私を知っている以上に、私のことを知っ ておられ、あなたのご計画のために、今日も「私を遣わしてくださるお方」であることを感謝しま す。

 ギデオンとともにおられた主よ、あなたが今日も私とともにおられることを感謝します。あなたの 栄光のために、あなたの御声を聞く信仰と、その御声に従う信仰を私にお与えください。

 あなたがその御声をもって、私を動かしてくださることを感謝します。遣わしてください。アーメ ン。


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年