• HCCnichigo

2020年9月10日ディボーション

士師記4章4節  


「ラピデトの妻で女預言者のデボラが、そのころイスラエルを裁いていた。」

 士師記には、12人の士師が登場します。その中で女性の士師が一人だけいます。それがこの4 章に登場するデボラです。そして、この4章には、もう一人ヤエルという女性も登場します。


語られたこと

 社会の中で、女性の地位や権利というものが認められてきたのは、ごく最近のことです。それ までは、男性より劣る者として、男性と同じ権利を持たず、男尊女卑という言葉がありました。

_それは米国、日本も含めて、ほとんどの民族にあったことであり、今もあることです。 _

 イエスが、歩まれた時代も、まさに男尊女卑の社会でした。女性と子どもは数に入らない者として扱われていました。

 そのような中で、福音書には女性の存在が多く描かれています。特にルカの福音書は、女性に 対する福音書とも呼ばれています。

 ましてや、この旧約の時代に、すでにリーダーとして女性が立てられていたというのは驚くべ きことです。

 男性と女性は、身体的に明らかに違います。その違いを優劣の理由とするか、補い合うべき違いとするか、考え方一つです。それぞれの性の違いを、尊重し合い、認め合い、補い合うことによって、神の国の豊かさが拡 _がっていくことを願いました。


祈り

 天の父よ。性の違いが、不一致の種ではなく、神の国の豊かさを現わすものとなりますように。まず、私自身が、違いを受け入れることの出来る、寛容さを身に着けることが出来ますように、寛容の実を与えてください。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

2020年9月28日ディボーション

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年