• HCCnichigo

2020年9月1日ディボーション

最終更新: 2020年10月4日

2020年9月 1日 新約聖書:1テサロニケ3章


「苦難の中を生きる教会」


 使徒パウロが開拓した異邦人のテサロニケ教会は、良い教会でしたが、やが て苦難の時がやって来ることをパウロは伝えた後、別の宣教地に使わされまし た。

 テサロニケ教会の苦難というのはユダヤ人が来てキリストの教えとは違う教えを持って来るというのです(イエス様よりも律法が大事)。

後にテサロニケ教会が苦労している事を聞いたパウロは自分が助けに行かれ ないので、同労者テモテをテサロニケ教会に行って様子を見てくるように頼み ました。

 やがてテモテがテサロニケ教会から戻ってきてパウロに報告をしました。その報告を聞いたパウロがテサロニケ教会へ送った手紙です。


●教えられたこと

 使徒パウロは手紙の中で、反キリストのユダヤ人が来て、テサロニケ教会を間違った方向へ歩ませたのではないかと、本当に心配した気持ちを一生懸命に伝えています。

私たちも信仰を持ってから色々な苦難や誘惑を受けるというのです。ある人は苦難とは罪や信仰が足りないからなのだと思う人もいますが、決してそれだけではないのです。クリスチャンは誰でも受けるべきものです。

 そこでパウロの手紙は、クリスチャン同士の喜びは、苦難や誘惑の中でもしっかりとイエス様と一緒に歩んでいる姿だと、7~9節に何度も書いています。

確かにこの手紙はテサロニケ教会に送ったものですが、本当は時間や場所を超え、世界各地にあるキリストの教会に送った手紙でもあったのです。

 これからも続く信仰生活の中、パウロやイエス様は私と私たちのために祈っ ていてくれるのです。

また将来、イエス様によって私たちが共に会えるように祈っているという励ましの手紙です。

私たちの本当の喜びはその事をイエス様と共にシェアできる事、証しが出来ることです。私もこの手紙を読んでいて信仰の友のために祈りたい気持ちが出てくるのでした。感謝です。

●お祈り

 天のお父様、今日も聖霊様を通し聖書の御言葉に出会えて感謝します。

 ある時はパウロの気持ち、ある時はテモテの気持ち、テサロニケ教会の気持ちとその時その時で、変わる私たちです。そんな中で聖書は私たちに何を語っているのか味わうことが出来る幸いを感謝します。

 現在は新型コロナの時代で私は、私たちは色々な悩みを持っているのでが、主によって一つです。またその悩みを克服し、共に喜びが満ち溢れるためです。

 主よ感謝します。また悩みから中々抜け出せない人にも同じ主の恵みがありますようにお祈りをします。 アーメン

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な

2020年9月28日ディボーション

ルツ紀 1章 「神の目に正しいこととは何か?」 学んだ事 ルツ紀は4章しかない短い記録です。時代はちょうど士師記の前般の時代。飢きんがあったのでエリメレクは神様から与えられた約束の地を捨て、妻のナオミと二人の息子マロンとキリオンを連れてモアブの野に寄留者として住んだ。 エリメレクはその地で亡くなった。息子二人はモアブ人の女から妻をめとった。その名はオルパとルツ。しかし、その息子たちも結婚生活10年

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com