• HCCnichigo

2020年8月7日ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

ヨシュア記 2章 11節


異邦人ラハブの心すら溶けた

語られたこと。

ヨシュアがイスラエルの民を連れてエリコに入る前、二人の使者を偵察に送り出しました。

そんな時にその二人がお世話になったのが異邦人、そして遊女のラハブでした。

本来ならば神様に滅ばされるにふさわしいカナン人だった。

しかし彼女の行っていた罪の生活で固まっていた心が、イスラエルの民の神の噂を聞くことによって溶かされた。どのように彼女が神様の教えを伝え聞いたのかは分からない。今のようにインターネットがない時代です。旅人の話す言葉や、風の噂、などなど彼女の町エリコに来た人々から聞いたのであろう。人の噂は信憑性に欠けることもある。しかし彼女はイスラエルの神を信じた。実際にモーセを見た訳でも、奇跡を見た訳でも無い。それでも主の行った様々な奇跡を信じられる心が彼女にあったのであろう。

遊女と言っても生活するために遊女になったのかもしれない。生きるためなら人はなんでもする。しかし彼女はとどまって、これで良いのか?と神に問われたのであろう。それは神様が最初に彼女を見つけて心を捉えたからであろう。そうでなければ、エリコの王、ラハブのようにヨシュアの使者を捕まえようとしていたに違いない。

私も先祖代々続く仏教系の家庭に生まれたが、今こうやって神様に繋がっていられるのはラハブのように神様が見つけてくれたのであろう。人生の全般で神様に捕らえられたことは私にとって喜びだとこの章を読むことによって気づかされました。

祈り。

天の父なる神様。あなたはきっと私が生まれた時から、いや生まれる前から私の事をご存知でした。そして、自分の足で教会にたどり着く事を25年待っていてくださったのですね。心から感謝いたします。どうぞ、こんな私をラハブのように主の御用の為にお使いください。アーメン

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年8月31日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一、二章 「養う母と勧めをする父」 ☆語られた事、考えた事 本日、昨日とそれぞれ別の友人から似たような相談を受けた。「自分勝手な人」の話である。 現在ホノルルは3月からコロナウイルス蔓延を防ぐために行動制限が州全体で行われている。それにもかかわらず、自粛とは無縁の生活を行う妻を諌めたら泣かれたとの事。だからもう止められない。と言うカップルの話だった。 30才後半のカップル。

2020年8月30日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一 1章 「神に愛されている兄弟たちよ」 語られた事 皆さん、教会に初めて来た時。または初めて聖書の御言葉に触れた時の事を覚えていますか? そしてそれから1ヶ月間の間。あなたはどう変わりましたか? なんと、テサロニケの教会を作った人々はパウロの滞在した3週間の間に、主イエスの教えを信じて改心したのです。 テサロニケはギリシャ北東部、マケドニア地方で陸路、海路による貿易で栄え

2020年8月29日ディボーション

ヨシュア記24章 ヨシュア記もとうとう最終章である。 ここは世を去る日が近づいた民のリーダー、ヨシュアと残された民との最期の対話から始まる。ヨシュアは前半、神と民との前でイスラエルの歴史(ここまでの歩み)を語る。その後、何度も民に問うことばが私の心にも響いている。 「主に仕えなさい。」 ヨシュアはここで民を強制せず、彼らに選ばせている。そして、同時に彼は言う。 「私と私の家は主に仕える。」 それか

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com