top of page
  • hccnichigo

2020年8月25日ディボーション

更新日:2020年10月7日

旧約聖書:ヨシュア20章

「のがれの町」

あやまって人を殺した時に、血の復讐から逃れるために作られた場所が「のがれの町」です。 当時、約束の地、カナンを征服するためには、戦いは避けれなかったと思います。 夜の戦い、混乱の中にあっては敵味方が激しい戦闘をする事は常にあったと思います。 その中でもし、間違いを犯して人を殺すという事や、たまたま事件現場に居合わせて犯罪者扱いに成った事など色々あると思います。

そういう時に自分の無罪を訴える場所があるというのは素晴らしいです。 その町に行くと、先ず長老たちに聞こえるように理由を述べて、長老たちが納得したら、その「のがれの町」に住むことが出来るというのです。 その後は、会衆の前で裁きを受けるか、大祭司が死ぬまでその町に住まなければならないのです。 今でいう裁判は理解が出来ますが、大祭司が死ぬと恩赦というか、赦しを貰うという仕組みが今から3000年以上も昔にあったことは驚きです。

●教えられたこと

人を誤って殺す事というのは本当に少ない事ですが、誰でもその様なことが起きる可能性はあります。 そんな時にずーっと逃げ続けないで囲まってくれる所があるというのは素晴らしい事です。 そうでないとその人の一生は呪われた人生です。 その呪われた人生を一発逆転する方法があったのです。 当時の大祭司というのはレビ人の中のリーダー格の人でしたが、これは正に大祭司イエス・キリストのことです。 その方が居られたから呪いの人生が一転して祝福の人生へと変わるのです。 人間的に出来る場所は刑務所でありますが、天の父が用意されたのがキリストの教会です。 刑務所は人が裁くのですが、教会は大祭司であるイエス様が罪人の身代わりとなって私のために死んでくださったから、祝福の人生へと変わるのです。 刑務所人生よりも、イエス様との出会いが、人を生きる者と変えることが出来るのです。

●お祈り

天のお父様、イエスさまと出会えたことを感謝します。 決して人を殺したことは無いにしても、人を傷付けたり、あまり事情を知らないで裁いてしまうような私であり、人生です。 「のがれの町」があなたによって作られ、その中で生かされていることを感謝します。 この恵みと平安を一人でも多くの人に伝える事が出来るように助けて下さい。 また未だその事を知らない人が一人でも多く、「のがれの町」の中心はイエス様だとういう事を気付かして下さい。 その中でビクビクとした呪われた人生を生きるのでは無く、堂々と喜びで満たされ、祝福の人生とは何かをあなたによってしっかりと体験させて下さい。

ありがとうございます。 主イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

2024年3月11日 ヨシュア記24章

『真の謙遜』 ヨシュア記最後の章を迎えました。彼はイスラエルの全部族をシェケムに集め、そこで最後のメッセージを語ります。シェケムは父祖アブラハムがカナンに入った時、最初の祭壇を築いた場所です(創12:5‐7)。それは父なる神から、土地の約束をいただいた場所です。イスラエルの民にとって非常に感慨深い場所だっただろうと思います。 そのような場所でヨシュアは、イスラエルの神が彼らや彼らの先祖のために成さ

2024年3月10日 ヨシュア記23章

『ヨシュアの遺言書』 ヨシュア記13章では、ヨシュアが年を重ねて老人になっていたが主の呼びかけはまだとどまらなかった。だが、この23章ではヨシュアはついに本当に老人になっていたので、主の呼びかけはなかった。そして、23章から終わりの章まではヨシュアの遺言書とも言われている。 ヨシュアは全イスラエルの指導者たちを集め、自分の死後にイスラエルの民がどう生きるべきかを諭すのである。 その諭しとは、主がな

2024年3月9日 ヨシュア記22章

22章は、ヨシュアがルベン人、ガド人、マナセの半部族に対して語る場面から始まります。 5節「ただ、主のしもべモーセがあなたがたに命じた命令と律法をよく守り行い、あなたがたの神、主を愛し、そのすべての道に歩み、その命令を守り、主にすがり、心を尽くし、いのちを尽くして主に仕えなさい。」 そして、祝福をうけたルベン族、ガド族、マナセの半部族は、イスラエルの子らと別れ、主の命によって彼らが得た自分の所有地

Comentários


bottom of page