top of page
  • hccnichigo

2020年8月22日ディボーション

更新日:2020年10月4日

ヨシュア 17章14節~


 ヨセフ族はヨシュアに訴え出る。「あなたはなぜ、私に…」と。リーダーは大変である。くじをもって、相続地を割り当てていても、民の抗議を真っ向に受ける。ヨセフ族は言う。

「あなたはなぜ、私にただ一つのくじによる相続地、ただ一つの割り当て地しか分けてくださらないのですか。これほど数の多い民になるまで、主が私を祝福してくださったのに。」と。

 「隣の芝生は青く見える」という、ことわざがある。主にあって、特別に私に召され、与えられているものは確かにある、と分かっていても、隣を見れば見るほど、他者と自分を比べてしまうのが、人の弱さである。

 リーダーであるヨシュアは、丁寧に彼らを導く。

「あなたが数の多い民であるのなら、森に上って行きなさい。そこでペリジ人やレファイム人の地を切り開くがよい。エフライムの山地はあなたには狭すぎるのだから。」

 彼らに示されているのは、彼らを通して新たに獲得する相続地、新しい開拓地であった。それぞれに賜物と召しが与えられている、ということを、各部族の相続地の割り当てを通して、教えられる。

応答

天のお父様、

私にも、あなたの召しが与えられていることを感謝します。私には「あの人は?」「この人は?」と周囲を見回して、比べてしまう弱さが確かにあります。しかし主よ、あなたは人知を超えて、賜物と召しを一人一人、特別にお与えになるお方です。どうか、その与えられた賜物と召しをあなたの栄光へと帰していくために、あなたに従って歩むことができますように。ヨセフ族にしたように私をも導いてください。アーメン。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月11日 ヨシュア記24章

『真の謙遜』 ヨシュア記最後の章を迎えました。彼はイスラエルの全部族をシェケムに集め、そこで最後のメッセージを語ります。シェケムは父祖アブラハムがカナンに入った時、最初の祭壇を築いた場所です(創12:5‐7)。それは父なる神から、土地の約束をいただいた場所です。イスラエルの民にとって非常に感慨深い場所だっただろうと思います。 そのような場所でヨシュアは、イスラエルの神が彼らや彼らの先祖のために成さ

2024年3月10日 ヨシュア記23章

『ヨシュアの遺言書』 ヨシュア記13章では、ヨシュアが年を重ねて老人になっていたが主の呼びかけはまだとどまらなかった。だが、この23章ではヨシュアはついに本当に老人になっていたので、主の呼びかけはなかった。そして、23章から終わりの章まではヨシュアの遺言書とも言われている。 ヨシュアは全イスラエルの指導者たちを集め、自分の死後にイスラエルの民がどう生きるべきかを諭すのである。 その諭しとは、主がな

2024年3月9日 ヨシュア記22章

22章は、ヨシュアがルベン人、ガド人、マナセの半部族に対して語る場面から始まります。 5節「ただ、主のしもべモーセがあなたがたに命じた命令と律法をよく守り行い、あなたがたの神、主を愛し、そのすべての道に歩み、その命令を守り、主にすがり、心を尽くし、いのちを尽くして主に仕えなさい。」 そして、祝福をうけたルベン族、ガド族、マナセの半部族は、イスラエルの子らと別れ、主の命によって彼らが得た自分の所有地

Comments


bottom of page