2020年8月21日ディボーション

更新日:2020年10月5日

ヨシュア記16章

 ここにはヨセフの子ら(エフライム部族、マナセ部族)に割り当てられた相続地について書かれている。聖書の後ろにある地図「イスラエルの各部族への土地の割り当て」を見ると、実に感動する。このように約束の地で、各部族に土地を割り当てるまで、神は確かに民を導かれたのだ。

 エジプトを脱出した日から、かなりの年月が経った。民の指導者であったモーセから次世代のヨシュアへとバトンは引き継がれ、もうこの時にはヨシュアも「年を重ねて老人になった」と聖書には記されている。

 若い時には、激しい戦闘を戦い抜き、約束の地を勝ち取り、晩年にはこのように土地分割の仕事を、神はヨシュアに与えたのだ。神の偉大な計画の中に組み込まれた人生とは、どういうことなのか…、彼の生涯、その前の世代のモーセの生涯、また、それ以外にも歴史を取り巻く信仰者たちの姿から、神のうちに隠されているその深い意味を知る。

 私自身も、命ある限り、「私の計画」を超えた「神の計画」のために、この人生を生きることができたら、何と喜ばしいことだろうか!

応答

天のお父様、

あなたはご計画を持っておられます。そして、そのご計画を確かに成し遂げられるお方です。あなたはヨシュアの生涯を最期の最期まで用いられました。私自身も、主よ、あなたの大いなるご計画のうちを、あなたのご栄光のために生きることができますように。あなたにいつも従順な心をお与えください。アーメン。

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

テサロニケ人への手紙 第一、二章 「養う母と勧めをする父」 ☆語られた事、考えた事 本日、昨日とそれぞれ別の友人から似たような相談を受けた。「自分勝手な人」の話である。 現在ホノルルは3月からコロナウイルス蔓延を防ぐために行動制限が州全体で行われている。それにもかかわらず、自粛とは無縁の生活を行う妻を諌めたら泣かれたとの事。だからもう止められない。と言うカップルの話だった。 30才後半のカップル。

テサロニケ人への手紙 第一 1章 「神に愛されている兄弟たちよ」 語られた事 皆さん、教会に初めて来た時。または初めて聖書の御言葉に触れた時の事を覚えていますか? そしてそれから1ヶ月間の間。あなたはどう変わりましたか? なんと、テサロニケの教会を作った人々はパウロの滞在した3週間の間に、主イエスの教えを信じて改心したのです。 テサロニケはギリシャ北東部、マケドニア地方で陸路、海路による貿易で栄え

ヨシュア記24章 ヨシュア記もとうとう最終章である。 ここは世を去る日が近づいた民のリーダー、ヨシュアと残された民との最期の対話から始まる。ヨシュアは前半、神と民との前でイスラエルの歴史(ここまでの歩み)を語る。その後、何度も民に問うことばが私の心にも響いている。 「主に仕えなさい。」 ヨシュアはここで民を強制せず、彼らに選ばせている。そして、同時に彼は言う。 「私と私の家は主に仕える。」 それか