top of page
  • hccnichigo

2020年8月21日ディボーション

更新日:2020年10月4日

ヨシュア記16章

 ここにはヨセフの子ら(エフライム部族、マナセ部族)に割り当てられた相続地について書かれている。聖書の後ろにある地図「イスラエルの各部族への土地の割り当て」を見ると、実に感動する。このように約束の地で、各部族に土地を割り当てるまで、神は確かに民を導かれたのだ。

 エジプトを脱出した日から、かなりの年月が経った。民の指導者であったモーセから次世代のヨシュアへとバトンは引き継がれ、もうこの時にはヨシュアも「年を重ねて老人になった」と聖書には記されている。

 若い時には、激しい戦闘を戦い抜き、約束の地を勝ち取り、晩年にはこのように土地分割の仕事を、神はヨシュアに与えたのだ。神の偉大な計画の中に組み込まれた人生とは、どういうことなのか…、彼の生涯、その前の世代のモーセの生涯、また、それ以外にも歴史を取り巻く信仰者たちの姿から、神のうちに隠されているその深い意味を知る。

 私自身も、命ある限り、「私の計画」を超えた「神の計画」のために、この人生を生きることができたら、何と喜ばしいことだろうか!

応答

天のお父様、

あなたはご計画を持っておられます。そして、そのご計画を確かに成し遂げられるお方です。あなたはヨシュアの生涯を最期の最期まで用いられました。私自身も、主よ、あなたの大いなるご計画のうちを、あなたのご栄光のために生きることができますように。あなたにいつも従順な心をお与えください。アーメン。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

2024年2月29日 ヨシュア記13章

年を重ねて老人になっていたヨシュアに、主は、13:1(抜粋)で「占領すべき地は非常にたくさん残っている。」ことをつげるのである。 モーセの後継者になってから、カナンの地を征服するために神の使命のためにずっと戦い続けてきたヨシュアも、年を重ねて老人になりました。「もう休んでもいいよ。」のおこえをかけてくださるのかと思いきや、まだまだ戦い続けていかなければならない。休んではいけないのである。これが神の

2024年2月28日 ヨシュア記12章

11章23節「そして、この地に戦争はやんだ。」とあります。そして12章では、占領地が詳しく記されています。ただ13章1節に記されているように、占領地はまだ残っていました。 「イスラエルの子らが討ち、占領した地の王たちは次のとおりである。」(12:1) この章は、新約聖書の光で解釈をしたいと思います。私たちにとっての占領とは、神の国の宣教です。まず個人の救い、そして実際にこの世に、この地に、神の国(

2024年2月27日 ヨシュア記11章

『そして、その地に戦争はやんだ』 この前の章10章では西側を、この11章では特にイスラエルが北部の連合軍との戦って聖絶し戦争は終わり、イスラエルの部族への念願の相続地を与えることになった歴史が記されています。最後の抵抗は、この北部連合軍の中心となったのはハツォルの王ヤビン。 ハツォルはガリラヤ湖のもっと北ですからヘルモン山の麓、ここはイスラエル部族ナフタリ族が相続した土地です。 イスラエル軍は、連

bottom of page