2020年8月19日ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

Ⅰペテロ1章23~25節

 あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく朽ちない種からであり、生きた、いつまでも残る、神のことばによるのです。

「人はみな草のよう。その栄えはみな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは永遠に立つ。」とあるからです。

 これが、あなたがたに福音として宣べ伝えられたことばです。


*語られたこと

 この聖句を読んでいたら、先日いただいた、色とりどりのチューリップのお花たちが目に飛び込んできた。

 今はだんだんと、しおれてきちゃったけれど…。



 はかないいのちだけど、数日前までは、いのちのエネルギーと輝きを放って生き生きと咲いていた。

 今与えられたいのちを一生懸命に生きて、人びとに喜びを与えて、大切な役目を果たした後に、神様、天の父のもとに帰っていくように感じられた。「主のことばは永遠に立つ。」

チューリップのお花たちが語ってくれた、神様の恵み。朝のひととき。感謝^ ^



*お祈り

神様。

あなたのつくられた、この美しいチューリップの生きる姿を見て、”いのち”を思い巡らしました。

あなたが特別な愛を込めて、オンリーワンの存在として与えて下さった私のいのちも、一日一日丁寧に、主にあって喜びの中を生きていくことが出来ますように。

神様、この優しい愛のメッセージを、ありがとうございます。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月12日ディボーション

ペテロの手紙第一 5章 『御手の下にへりくだる』 6節「ですから、あなたがたは神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神は、ちょうど良い時に、あなたがたを高く上げてくださいます。」 「御手の下にへりくだりなさい。」という箇所から、新たに語られた。「謙遜」イコール「へるくだること」なのは、漠然と理解していた。しかし、何故にここでペテロは「神の力強い御手の下に…」とピンポイントで招いているのだろうか。

2021年2月11日ディボーション

ペテロの手紙第一 4章 「それぞれが賜物を受けているのですから、神の様々な恵の良い管理者として、その賜物を用いて互いに支え合いなさい」(10節) ●語られたこと: 私は作文を書くのが大の苦手だった。小学校の夏休み。読書感想文ほど苦痛な宿題はなかった。だからいつも読書感想文だけが最後に残って苦労したのを今でも覚えている。本を読むのは好きだが、文章に気持ちを表現する事ができなかった。今、こうやって神様

2021年2月10日ディボーション

第一ペテロの手紙 3章 「神のみこころであるなら、悪を行って苦しみを受けるより、善を行って苦しみを受けるほうがよいのです。」17節 ●語られたこと: 私は、クリスチャンになりたての頃、ここの3章を読んでいて、文字だけの理解をしてクリスチャンライフにいきづまったことがある。 みことばの文脈を追求していくということがまるでわからなかった。今でもそれとのたたかいである。主にすがって祈っていかなければ、聖