top of page
  • hccnichigo

2020年8月17日 ディボーション

更新日:2020年10月4日

ヨシュア記 11、12章

神の御旨を成就したイスラエルの民。


語られた事。

 「進撃の巨人」と言うアニメーションが2009年から連載が開始され、国内外の多くの人に注目されている。なぜこんなに多くの人を魅了するのか。それはそれぞれの心の中にある目に見えない巨人の存在とアニメのストーリーの展開が被ってくるからではないだろうか。

  巨人なんて架空の話だと思っていたが、今回のヨシュア記に関連する創世記6章4節 「地上にネピリムがいた」。民数記13章 33節 「そこでで私たちはネピリムを見ました」と言うように、堕天使と人類の不法な婚姻によって生まれた巨人、ネピリムが誕生したと言う。神様はそのような人類が存在する事を許されなかった。ノアの時代に洪水で一掃されたが、またネピリムの子孫はヨシュアの時代までに増えていった。時代は繰り返している。

  巨人と人間、どう考えても肉の力では人間は不利である。でもここに主の力が働き不可能が可能になり、カナンの地に住む悪き者たちが一掃された。神の怒りを買った者に明日はないのであろう。私は大丈夫だろうか?と振り返る良い機会になった。

  今、私たちはコロナウイルスと言う、目には小さすぎて見えないが私たちの世界をも脅かす現代的な巨人と戦っているのだと思う。しかし私たちには父なる神様がついておられる。モーセやヨシュアが行なったように私たちは常に主の言葉を聞き従う者でありたい。


祈り

天の父なる神様。2020年の後半に入った今でもコロナウイルスに関する問題はまだ解決策が見えていません。掠奪や暴動が激化しています。

どうぞ神様、こんな今だからこそ、私たちに進むべき道を示してください。

あなたの方法で目に見えぬ巨人を倒すことができますよう、私たちに知恵を与えてください。

あなたの御旨が成就されますよう、どうぞ私たちを用いてください。

こんな時代であっても、あなたが共にいてくださると言う平安が与えられている事に感謝いたします。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月11日 ヨシュア記24章

『真の謙遜』 ヨシュア記最後の章を迎えました。彼はイスラエルの全部族をシェケムに集め、そこで最後のメッセージを語ります。シェケムは父祖アブラハムがカナンに入った時、最初の祭壇を築いた場所です(創12:5‐7)。それは父なる神から、土地の約束をいただいた場所です。イスラエルの民にとって非常に感慨深い場所だっただろうと思います。 そのような場所でヨシュアは、イスラエルの神が彼らや彼らの先祖のために成さ

2024年3月10日 ヨシュア記23章

『ヨシュアの遺言書』 ヨシュア記13章では、ヨシュアが年を重ねて老人になっていたが主の呼びかけはまだとどまらなかった。だが、この23章ではヨシュアはついに本当に老人になっていたので、主の呼びかけはなかった。そして、23章から終わりの章まではヨシュアの遺言書とも言われている。 ヨシュアは全イスラエルの指導者たちを集め、自分の死後にイスラエルの民がどう生きるべきかを諭すのである。 その諭しとは、主がな

2024年3月9日 ヨシュア記22章

22章は、ヨシュアがルベン人、ガド人、マナセの半部族に対して語る場面から始まります。 5節「ただ、主のしもべモーセがあなたがたに命じた命令と律法をよく守り行い、あなたがたの神、主を愛し、そのすべての道に歩み、その命令を守り、主にすがり、心を尽くし、いのちを尽くして主に仕えなさい。」 そして、祝福をうけたルベン族、ガド族、マナセの半部族は、イスラエルの子らと別れ、主の命によって彼らが得た自分の所有地

Comments


bottom of page