top of page
  • HCCnichigo

2020年8月17日 ディボーション

更新日:2020年10月4日

ヨシュア記 11、12章

神の御旨を成就したイスラエルの民。


語られた事。

 「進撃の巨人」と言うアニメーションが2009年から連載が開始され、国内外の多くの人に注目されている。なぜこんなに多くの人を魅了するのか。それはそれぞれの心の中にある目に見えない巨人の存在とアニメのストーリーの展開が被ってくるからではないだろうか。

  巨人なんて架空の話だと思っていたが、今回のヨシュア記に関連する創世記6章4節 「地上にネピリムがいた」。民数記13章 33節 「そこでで私たちはネピリムを見ました」と言うように、堕天使と人類の不法な婚姻によって生まれた巨人、ネピリムが誕生したと言う。神様はそのような人類が存在する事を許されなかった。ノアの時代に洪水で一掃されたが、またネピリムの子孫はヨシュアの時代までに増えていった。時代は繰り返している。

  巨人と人間、どう考えても肉の力では人間は不利である。でもここに主の力が働き不可能が可能になり、カナンの地に住む悪き者たちが一掃された。神の怒りを買った者に明日はないのであろう。私は大丈夫だろうか?と振り返る良い機会になった。

  今、私たちはコロナウイルスと言う、目には小さすぎて見えないが私たちの世界をも脅かす現代的な巨人と戦っているのだと思う。しかし私たちには父なる神様がついておられる。モーセやヨシュアが行なったように私たちは常に主の言葉を聞き従う者でありたい。


祈り

天の父なる神様。2020年の後半に入った今でもコロナウイルスに関する問題はまだ解決策が見えていません。掠奪や暴動が激化しています。

どうぞ神様、こんな今だからこそ、私たちに進むべき道を示してください。

あなたの方法で目に見えぬ巨人を倒すことができますよう、私たちに知恵を与えてください。

あなたの御旨が成就されますよう、どうぞ私たちを用いてください。

こんな時代であっても、あなたが共にいてくださると言う平安が与えられている事に感謝いたします。


閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

2024年2月29日 ヨシュア記13章

年を重ねて老人になっていたヨシュアに、主は、13:1(抜粋)で「占領すべき地は非常にたくさん残っている。」ことをつげるのである。 モーセの後継者になってから、カナンの地を征服するために神の使命のためにずっと戦い続けてきたヨシュアも、年を重ねて老人になりました。「もう休んでもいいよ。」のおこえをかけてくださるのかと思いきや、まだまだ戦い続けていかなければならない。休んではいけないのである。これが神の

2024年2月28日 ヨシュア記12章

11章23節「そして、この地に戦争はやんだ。」とあります。そして12章では、占領地が詳しく記されています。ただ13章1節に記されているように、占領地はまだ残っていました。 「イスラエルの子らが討ち、占領した地の王たちは次のとおりである。」(12:1) この章は、新約聖書の光で解釈をしたいと思います。私たちにとっての占領とは、神の国の宣教です。まず個人の救い、そして実際にこの世に、この地に、神の国(

2024年2月27日 ヨシュア記11章

『そして、その地に戦争はやんだ』 この前の章10章では西側を、この11章では特にイスラエルが北部の連合軍との戦って聖絶し戦争は終わり、イスラエルの部族への念願の相続地を与えることになった歴史が記されています。最後の抵抗は、この北部連合軍の中心となったのはハツォルの王ヤビン。 ハツォルはガリラヤ湖のもっと北ですからヘルモン山の麓、ここはイスラエル部族ナフタリ族が相続した土地です。 イスラエル軍は、連

bottom of page