• HCCnichigo

2020年8月17日 ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

ヨシュア記 11、12章

神の御旨を成就したイスラエルの民。


語られた事。

 「進撃の巨人」と言うアニメーションが2009年から連載が開始され、国内外の多くの人に注目されている。なぜこんなに多くの人を魅了するのか。それはそれぞれの心の中にある目に見えない巨人の存在とアニメのストーリーの展開が被ってくるからではないだろうか。

  巨人なんて架空の話だと思っていたが、今回のヨシュア記に関連する創世記6章4節 「地上にネピリムがいた」。民数記13章 33節 「そこでで私たちはネピリムを見ました」と言うように、堕天使と人類の不法な婚姻によって生まれた巨人、ネピリムが誕生したと言う。神様はそのような人類が存在する事を許されなかった。ノアの時代に洪水で一掃されたが、またネピリムの子孫はヨシュアの時代までに増えていった。時代は繰り返している。

  巨人と人間、どう考えても肉の力では人間は不利である。でもここに主の力が働き不可能が可能になり、カナンの地に住む悪き者たちが一掃された。神の怒りを買った者に明日はないのであろう。私は大丈夫だろうか?と振り返る良い機会になった。

  今、私たちはコロナウイルスと言う、目には小さすぎて見えないが私たちの世界をも脅かす現代的な巨人と戦っているのだと思う。しかし私たちには父なる神様がついておられる。モーセやヨシュアが行なったように私たちは常に主の言葉を聞き従う者でありたい。


祈り

天の父なる神様。2020年の後半に入った今でもコロナウイルスに関する問題はまだ解決策が見えていません。掠奪や暴動が激化しています。

どうぞ神様、こんな今だからこそ、私たちに進むべき道を示してください。

あなたの方法で目に見えぬ巨人を倒すことができますよう、私たちに知恵を与えてください。

あなたの御旨が成就されますよう、どうぞ私たちを用いてください。

こんな時代であっても、あなたが共にいてくださると言う平安が与えられている事に感謝いたします。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年8月31日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一、二章 「養う母と勧めをする父」 ☆語られた事、考えた事 本日、昨日とそれぞれ別の友人から似たような相談を受けた。「自分勝手な人」の話である。 現在ホノルルは3月からコロナウイルス蔓延を防ぐために行動制限が州全体で行われている。それにもかかわらず、自粛とは無縁の生活を行う妻を諌めたら泣かれたとの事。だからもう止められない。と言うカップルの話だった。 30才後半のカップル。

2020年8月30日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一 1章 「神に愛されている兄弟たちよ」 語られた事 皆さん、教会に初めて来た時。または初めて聖書の御言葉に触れた時の事を覚えていますか? そしてそれから1ヶ月間の間。あなたはどう変わりましたか? なんと、テサロニケの教会を作った人々はパウロの滞在した3週間の間に、主イエスの教えを信じて改心したのです。 テサロニケはギリシャ北東部、マケドニア地方で陸路、海路による貿易で栄え

2020年8月29日ディボーション

ヨシュア記24章 ヨシュア記もとうとう最終章である。 ここは世を去る日が近づいた民のリーダー、ヨシュアと残された民との最期の対話から始まる。ヨシュアは前半、神と民との前でイスラエルの歴史(ここまでの歩み)を語る。その後、何度も民に問うことばが私の心にも響いている。 「主に仕えなさい。」 ヨシュアはここで民を強制せず、彼らに選ばせている。そして、同時に彼は言う。 「私と私の家は主に仕える。」 それか

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com