top of page
  • hccnichigo

2020年8月15日ディボーション

更新日:2020年10月4日

ヨシュア記10章

イスラエルのために、自ら戦われるイスラエルの神、主

教えられたこと

 この箇所とは、まさに戦い一色の箇所である。約束の地に導かれたヨシュア率いるイスラエルの民は、時に失望、落胆もその道で経験する。神にさえ、「主よ、どうして…」という言葉も溢れる。

 しかし、ここにあるのは勇敢なヨシュアと民の姿である。主は何度でも、私たちを立たせてくださるお方、「強くあれ。雄々しくあれ。」と励ましてくださるお方。

 私たち神の民の地上の歩みは、今もなお霊的戦いが尽きない。私たちの心も、時に恐れ揺れ動く。そんな私の心に今朝は、42節「イスラエルの神、主がイスラエルのために戦われたからである。」という御言葉が響いている。


応答

 この地上での歩み、私自身も、そして教会という神の民の歩みにおいても、様々な道を経験します。時に「主よ、どうして…」という訴えさえ出てくることもあります。しかし、主よ、あなたはいつも私たちとともにあることを感謝します。どんな時も「強くあれ。雄々しくあれ。」と、この地上の旅路を励ましてくださる主が、あなたの民のために、すべてを成し遂げてくださることを信じます。今日も、助け導いてください。アーメン。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

2024年2月29日 ヨシュア記13章

年を重ねて老人になっていたヨシュアに、主は、13:1(抜粋)で「占領すべき地は非常にたくさん残っている。」ことをつげるのである。 モーセの後継者になってから、カナンの地を征服するために神の使命のためにずっと戦い続けてきたヨシュアも、年を重ねて老人になりました。「もう休んでもいいよ。」のおこえをかけてくださるのかと思いきや、まだまだ戦い続けていかなければならない。休んではいけないのである。これが神の

2024年2月28日 ヨシュア記12章

11章23節「そして、この地に戦争はやんだ。」とあります。そして12章では、占領地が詳しく記されています。ただ13章1節に記されているように、占領地はまだ残っていました。 「イスラエルの子らが討ち、占領した地の王たちは次のとおりである。」(12:1) この章は、新約聖書の光で解釈をしたいと思います。私たちにとっての占領とは、神の国の宣教です。まず個人の救い、そして実際にこの世に、この地に、神の国(

2024年2月27日 ヨシュア記11章

『そして、その地に戦争はやんだ』 この前の章10章では西側を、この11章では特にイスラエルが北部の連合軍との戦って聖絶し戦争は終わり、イスラエルの部族への念願の相続地を与えることになった歴史が記されています。最後の抵抗は、この北部連合軍の中心となったのはハツォルの王ヤビン。 ハツォルはガリラヤ湖のもっと北ですからヘルモン山の麓、ここはイスラエル部族ナフタリ族が相続した土地です。 イスラエル軍は、連

bottom of page