2020年8月14日ディボーション

更新日:2020年10月5日

大学生グループ

イザヤ書55章8、9節

「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、あなたがたの道は、わたしの道と異なるからだ。-主のことば- 天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」


みんなの分かち合い

 メディアで報道されることと、ここにある御言葉とはとことん違うと思う。この社会は自分の思いを貫き通す社会(それは考え方においても、働き方においても)。

 幼い頃、ワイキキに住んでいた。日本に帰りたい自分がいたが、なぜかハワイにずっと残って今がある。今はハワイにいて、本当に良かったと思う。まさに神の思いは人の思いよりも高い。

 人生の節目を思い返すと、大変なこともあったが、今思うとあの出来事があったら今があることに気づく。今をどう受け入れ生きるか…ということが、この御言葉にもつながっていると思う。

 まさにこの聖句の通りである。神の思い、神の道は人知を超えて高い。本来だったら、このような教会の交わりに自分は参加していないだろう。教会にも行っていないだろう。今でもふと思う。自分はなぜクリスチャンの人たち、そして神様と出会えたのだろう、と。想像以上のこの人生を通して、自分は特別な安心感を得ている。

 ハワイに導かれてきたことが、実に大きい。最初は大変だったが、ここに来たのがきっかけでクリスチャンになったことは間違いない。思ってもいなかった人生を歩めていることに感謝したい。

お祈り

天のお父様、

あなたの御言葉は真実です。あなたの御思い、その道とは、なんと人知を超えて高いのでしょう。私たちの理解を超えるあなたの計画の中を、今日も生かされている恵みを感謝します。

これからも、あなたの御思い、祝福の道を歩み続けることができますように。アーメン。

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

イザヤ書17章 「世界に及ぶ神の審判」 イザヤ書17章から19章にかけてはそれぞれの国への審判である。ダマスコからエチオピアそしてエジプトとイスラエルの周りの国々への神の審判、神が主権を持つ、未だ見ぬ「その日」の宣告が語られている。周辺諸国への審判といえばもう一人の預言者を思い出す。イザヤは南王国ユダで活躍したが少し前に北王国へ遣わされた預言者アモスがいる。アモスもまた北王国イスラエルと南ユダ王国

イザヤ16章 『神は愛 』 「それゆえ、わたしのはらわたはモアブのために、わたしの内臓はキル・ヘレスのために、竪琴のようにわななく。」(11節) 神は、いよいよモアブの国に対し、さばきを下される。そしてそのことは、三年のうちに起きると告げられた。しかし神は、決してそれを喜んでおられるわけではない。 それどころか神は、身も心も張り裂けんばかりに、悲しんでおられる。 イエス・キリストを知らないで、この

イザヤ書 15章 イザヤ書15章は、16章とともにモアブに対するさばきを宣告している。モアブはバビロンと違い、イスラエルにとって身内的な存在であることが聖書の解説で述べられている。モアブは、死海の東側に位置する。モアブはへブル語でメーアーブ「父によって」を意味している。モアブ人の起源は、ロトの娘たちが父ロトによって産んだ子に由来する。(創世記19章) その頃からすでに近親相姦という罪をおかしていた