top of page
  • HCCnichigo

2020年8月13日 ディボーション

更新日:2020年10月4日

ヨシュア記 8章


恐れてはならない、おののいてはならない。


 「慄く、おののく」と」言う言葉。あまり日々の生活では使ったことがないような気がします。大辞泉の解説によると「恐ろしさ、寒さ、興奮などのために体や手足が震える、わななく」と言う意味だそうです。手足が震えるのは心が震えるからでは無いでしょうか? 

  ここ数年、「心が折れる」と言う言葉が使われるようになりました。これは負の思いによって心が揺れておののく事になるのでしょう。私も昔はよくおののいていたと思います。その原因はほとんどが対人関係にあります。人の言動や行動によって私のかつての心は簡単に揺れ動いておののいていました。でも父なる神様の存在、そして主が「おののいてはならない」と仰っている、そして守って下さる事を学びました。おかげで今の私はあまり心が動かされなくなりました。大海原にある小さなボートではなく、巨大タンカーの如く、父なる神によって揺れることが無い心。最高のプレゼントを神様からいただいています。まだそんな平安がある事を知らない友人たちにこの事を伝えたいです。


祈り。

天の父なる神様。

今日も平安のうちに貴方の御言葉を心に刻む時を持てた事を感謝いたします。

貴方が「恐るな、おののくな」とおっしゃるのですから私はもう恐れません。

しかし私は弱い者です。何かで心動かされてしまった時はどうか、私の心に囁いてください。

「恐るな」と。貴方と共にある事に感謝します。アーメン。


閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

2024年2月22日 ヨシュア記6章

『エリコの城壁の崩壊と主のさばき』 主の命令に聞き従うヨシュアと、ヨシュアの命令に聞き従う祭司と民との行動は、主の臨在に従うことだと言われている。 ときの声をあげず、声を聞かせないで、口からことばをださずにただ黙々とエリコの城壁の周りを歩き、七日目には七度、同じことを繰り返した民である。そばで見ていると奇妙な光景に思えただろう。足音だけがぞくぞくと聞こえるようである。その時の民の心は、主に従うヨシ

2024年2月21日 ヨシュア記5章

ヨルダン河を渡った後、民にとっては、これからカナンの地を獲得していくという戦いが始まるのだ。この5章には、このタイミングで起こった出来事がいくつか記されている。 まず神が命じたことは、民に割礼を施すことであった。割礼は、神が定めた神との契約のしるしである(創世記17章10節)。 次に、民が地の産物を食べたとき、天から降るマナがやんだ。そしてみ使いがヨシュアに現れ、この場所が聖なる場所であること、つ

2024年2月20日 ヨシュア記4章

『約束の地へ』 イスラエルの民はエジプトでの奴隷生活から逃れ、紅海を渡った時に、エジプトの支配が完全に断ち切られました。イザヤ書63章12節「その輝かしい御腕をモーセの右に進ませ、彼らの前で水を分けて、永遠の名を成し」とあります。この神の御腕とは主イエスのことですね、主イエスが、この時にモーセの前におられたのです。 このヨシュア記4章でも、今度は荒野で40年間の試練を受けたイスラエルの民、すでにモ

bottom of page