• HCCnichigo

2020年8月10日 ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

ヨシュア記 5章   12節 「マナは彼らがその地の産物を食べた日にやんだ」

語られたこと。

出エジプト記 16章 4節、「私は今あなた方のために、天からパンを降らせる。民は出ていって、毎日その日の分を集めなければならない。それは彼らが私の教え絵に従って歩むかどうかを、私が試みる為である。」と主はモーセに語られました。

そんな事、誰が信じられるか、、、とイスラエルの民は思った事でしょう。実際に私もそうなると思います。そして決まった分量より多くとってしまうと思う。そこにはまだ不安と恐れがあったのでしょう。それまで神を信じる事なくエジプトで奴隷として過ごしてきたイスラエルの民が急にそんな事を言われても簡単に信じられるわけがない。

それで、主もおっしゃられたように、「神様の教えに従うかのテスト」が行われたのでしょう。しかし、そのテスト大学入試試験とは違って、試験当日その日だけではなく、40年も続きます。40年かけて、毎朝、神様からの贈り物マナを食べること事ができた。なんと恵まれている事でしょう。 イスラエルの民は「すごい、本当に降ってきた!」と毎日、毎日神様の愛を感じ取ったとこでしょう。なんと、、、同じく出エジプト記35節にあるように。イスラエルの人々は40年間マナを食べ、カナンの地の境に来るまでマナを食べました。マナを食べる事で胃袋と心をも神様は満たしてくれたのでしょう。

マタイによる福音書の6章 25節、32−34節にあるように「明日の事を思い煩ってはならない」とあります。その通りです。40年間も民にマナを降らせてくださった神様ですから、必要なものは必ず与えられます。そんな約束がある私たち、とっても恵まれていると思います。

応答。

天の神様。イスラエルの民がエジプトを出て、荒野でさまよう最初の日と同じように、私たちは現代社会において、主により必要が与えられると言う事に疑問を持ちました。イスラエルの民が40年かかって心を入れ替え、支えられたように、私たちもどんな事が起こっても必要は主によって与えられると言う事を忘れないよう、私たちの心を強めてください。そして1日も早く、それぞれのカナンの地にたどり着くよう祈ります。アーメン。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年8月31日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一、二章 「養う母と勧めをする父」 ☆語られた事、考えた事 本日、昨日とそれぞれ別の友人から似たような相談を受けた。「自分勝手な人」の話である。 現在ホノルルは3月からコロナウイルス蔓延を防ぐために行動制限が州全体で行われている。それにもかかわらず、自粛とは無縁の生活を行う妻を諌めたら泣かれたとの事。だからもう止められない。と言うカップルの話だった。 30才後半のカップル。

2020年8月30日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一 1章 「神に愛されている兄弟たちよ」 語られた事 皆さん、教会に初めて来た時。または初めて聖書の御言葉に触れた時の事を覚えていますか? そしてそれから1ヶ月間の間。あなたはどう変わりましたか? なんと、テサロニケの教会を作った人々はパウロの滞在した3週間の間に、主イエスの教えを信じて改心したのです。 テサロニケはギリシャ北東部、マケドニア地方で陸路、海路による貿易で栄え

2020年8月29日ディボーション

ヨシュア記24章 ヨシュア記もとうとう最終章である。 ここは世を去る日が近づいた民のリーダー、ヨシュアと残された民との最期の対話から始まる。ヨシュアは前半、神と民との前でイスラエルの歴史(ここまでの歩み)を語る。その後、何度も民に問うことばが私の心にも響いている。 「主に仕えなさい。」 ヨシュアはここで民を強制せず、彼らに選ばせている。そして、同時に彼は言う。 「私と私の家は主に仕える。」 それか

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com