• makito1224

2020年7月9日ディボーション

最終更新: 2020年10月12日

担当:匿名希望


申命記15章。

10節

必ず彼に与えなさい。また与えること時物惜しみしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手の技を祝福してくださる。


語られた事。

この章の基本的な話は、7年の終わりごとに負債を免除する話に関する説明が大半です。

現代ではこのような事は無いかもしれません。

これに近いような事なのか?この章を読んでいる時に、ふと思い出したことがあります。

貸した本が帰って来ないと言う事が多々ありました。

でもそれは、もしかしたら、神の恵を他の人に分け与えた事になるのかもしれないと気付かされました。

なぜなら、何かが無くなっても、それに勝る恵みを沢山受けているからです。

私たちは、もともと何も持たずにこの世に生まれ出てきました。

今、私たちの周りにあるものは全て主の恵です。

持つ者が、持たぬ者に分け与える事は、神様から余るほど頂いた恵をお返しするのと同じではないかと思いました。


応答。

主が私たちの働きを常に見ていてくださり、負債があったとしても、それは主によって支払われるのだから、安心して主からいただいた恵を、正しく用いたいと思いました。

主よ、自分の事ばかり考えるのでは無く、常に周囲の人々にも気を配り、主からいただいた恵を正しく用いることができるようのな人格にして下さい。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

2020年7月29日ディボーション

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は