top of page

2020年7月8日ディボーション

更新日:2020年10月12日

担当:関先生


申命記14章

聖書箇所

14章1節~5節

救いの根拠は、ただ恵みによる

語られたこと

ここには様々な規定が記されているが、「額を剃り上げてはならない」(1)は、昔の侍のような髪形はダメだということだ。私も若い時に、一生懸命の剃り込みを入れていたが、それもダメだ。 もう一つは、食物規定が3節~21節まで記されているが、豚肉やエビ、カニ類、ウナギは食べられない。今でもユダヤ人は、この食物規定を守っているので、ガーリックシュリンプ、とんこつラーメン、ウナギのかば焼きの美味しさも知らないのだ。異邦人で良かった。

でも、ここはそんなレベルの事を言っているのではないだろう。この食物規定を守ることで、自分たちは神の民であるという他民族との違いを意識していったのだと思う。

しかし、使徒の働き10章でペテロが見た夢を通して、神は、イエスの十字架を通して、すべての民族、人を救ってくださるという事が明らかにされた。

私が救われたのは、ただイエス・キリストの恵みによる。その恵みは、神に感謝すべきものであって、他者との差別化をつくり出すものであってはならない。

応答

自分が、選民意識のようなものを持つことがないように。自分が救われているということは、他者との違いに根拠を置くのではなく、ただ主の恵みに置くことができますように。

祈り

愛する天の父よ、私が救われたのは、ただただあなたの恵みによります。すべての他者にも、同じ恵みが注がれていることを感謝します。そのように他者をリスペクトしていけますように、私も心を守ってください。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年1月19日 申命記34章

『約束の地を見て』 神様が言われたことが成就するように、モーセは、約束の地を遠く丘の上から眺めることが出来ましたが、その地に到着することは出来ませんでした。 主は、「わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに『あなたの子孫に与える』と誓った地はこれである。わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたがそこへ渡って行くことはできない。」(4節)と言われた通りです。 「こうしてその場所で、主のしもべモーセは主

2024年1月18日 申命記33章

申命記33章は神の人モーセが、その死を前にイスラエルの子ら(十二部族)を祝福したことばが記されている。 先日の関牧師のメッセージで語られたなかの一部の問いかけで「永遠の命があるという前提で終活をしているかどうか。」を思った時に、このモーセの終活が示された。彼は、主に逆らっていた民が自分の死後も主から離れることを知っていたのである。それでモーセは、主のみおしえを書いたものを祭司や長老たちに託したので

2024年1月17日 申命記32章

いよいよモーセの最後の説教も終わりを迎えようとしている。32章にはモーセの歌が記され、33章には祝福のことばが記されている。 このモーセの歌の中でも、10節のみことばが心にとまる。 「主は荒野の地で、荒涼として荒れ地で彼を見つけ、これを抱き、世話をし、ご自分の瞳のように守られた。」 「瞳のように」、神にとってこの民は、どれだけ大切な存在なのかということを表現している。大切だからこそ、この民が神を捨

Comments


bottom of page