top of page

2020年7月6日ディボーション

更新日:2020年10月12日

担当:匿名希望


ルカの福音書 7:47-50

50節 

イエスは彼女に言われた。「あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。」


◎日記

多くの罪を赦された。そして、多く主を愛する者へ。彼女のように自分の出来る最善で、主を愛する。主の足元へ、みもとへいく。


主はなんといつくしみ深いお方であろうか。ナインでの息子を蘇らせ、百人隊長のしもべを癒され、罪深い女さえも受け入れ罪を赦し平安を与えられた。


私にも、私の家族にも。主は本当に良くしてくださった。罪赦され、今はそれぞれが主と共に歩む道が与えられ、互いに協力し合い、またたくさんの人達に助けられ、主のあわれみと愛と恵みによる備えによって生かされている。


主への信仰。主を信じ、”主は私の神様である”ことを口で告白し、私たちは救われた。ただそれだけで、恵みゆえに。「安心していきなさい」と言ってくださるそのイエス様の言葉を信頼して、安心して良いのだと。信仰(イエス様)、そこから再び歩み始めていきなさいと。


“古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。”第二コリント5:17

罪赦され、神の子としての新しいいのちを頂き再スタートした人生。それはもう、古い自分、ひとりで暗闇の中を孤独に歩む人生ではない。神様の子どもして、愛されている私を、主と共に歩む人生。その新しい私が徐々に本来の私となって変えられていくBecomingの中を、一歩ずつ前に進んで歩み出していく旅路。主がいつも共にいて下さるから。平安とともに。ここが原点。


◎祈り

イエス様の十字架によって、罪赦され、「安心して行きなさい」と言って下さるあなたのことばを信じ、感謝します。私の声や否定的な想いを越えて、いつも愛のお方である”主に望みをおく”ことが出来ますように。



閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page