2020年7月6日ディボーション

更新日:2020年10月12日

担当:匿名希望


ルカの福音書 7:47-50

50節 

イエスは彼女に言われた。「あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。」


◎日記

多くの罪を赦された。そして、多く主を愛する者へ。彼女のように自分の出来る最善で、主を愛する。主の足元へ、みもとへいく。


主はなんといつくしみ深いお方であろうか。ナインでの息子を蘇らせ、百人隊長のしもべを癒され、罪深い女さえも受け入れ罪を赦し平安を与えられた。


私にも、私の家族にも。主は本当に良くしてくださった。罪赦され、今はそれぞれが主と共に歩む道が与えられ、互いに協力し合い、またたくさんの人達に助けられ、主のあわれみと愛と恵みによる備えによって生かされている。


主への信仰。主を信じ、”主は私の神様である”ことを口で告白し、私たちは救われた。ただそれだけで、恵みゆえに。「安心していきなさい」と言ってくださるそのイエス様の言葉を信頼して、安心して良いのだと。信仰(イエス様)、そこから再び歩み始めていきなさいと。


“古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。”第二コリント5:17

罪赦され、神の子としての新しいいのちを頂き再スタートした人生。それはもう、古い自分、ひとりで暗闇の中を孤独に歩む人生ではない。神様の子どもして、愛されている私を、主と共に歩む人生。その新しい私が徐々に本来の私となって変えられていくBecomingの中を、一歩ずつ前に進んで歩み出していく旅路。主がいつも共にいて下さるから。平安とともに。ここが原点。


◎祈り

イエス様の十字架によって、罪赦され、「安心して行きなさい」と言って下さるあなたのことばを信じ、感謝します。私の声や否定的な想いを越えて、いつも愛のお方である”主に望みをおく”ことが出来ますように。



閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

ルカの福音書 24章 『インマヌエル@エマオの道』 ”エマオの道”の、珠玉のエピソードはルカにしかない。私たちキリスト者にとって、エマオの道は、うっとり垂涎の、憧れの旅路である。だってイエスさまが同伴してくださるんだから! 前章でイエスさまは二人の犯罪者とともに十字架にかかられた。犯罪者の一人はイエスさまをののしったけれど、一人はイエスさまを神とあがめ無罪を主張した。その時、イエスさまの言ったみこ

ルカの福音書 23章 群衆がしつこく大声をあげ続けた結果、彼らの主張が通り、イエス様が十字架につけられた。何が何でも力づくで要求を押し通そうとする人間の内に渦巻く闇の力は、とてつもなく強い。何ひとつ罪を犯さなかった者を殺すことさえできるのだから。 群衆の扇動によって十字架につけられたイエス様は、こう言われた。 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(

ルカの福音書 22章 「みこころがなりますように」 コロナ禍以前、ある兄弟が教えてくれた。「何でも天のお父さんにお願いして祈ったらいいよ、それがみこころならば、必ず叶えて下さるから。」そうか祈ってお願いしたらいいのか、と思い勝手なお願いばかりの祈りが続いた。そのうち私の人生の中で機転となる一つの願いが叶い、そうかこれが御心だから叶えてくださったのかと気づく。全ては神のご意志ならば成る、ということで