top of page

2020年7月5日ディボーション

更新日:2020年10月12日

●担当:綾子さん


●申命記 11章 8−28節

イスラエルの子たちはモーセの勧告と警告の言葉を守る事によって祝福を受ける。


●語られた事。12節 

『そこはあなたの神、主が求められうちで、年の初めから年の終わりまであなたの神、主が絶えずその上に目を留めておられる地である。」

主は何度も道を外れて、主の怒りに触れた私たちでさえもまだ愛してくださる、だから最高の土地を準備して下さったのだろう。


●応答 

8、13、18節にある様にモーセは民に「主を愛し、心を尽くし、命を尽くして使えよ」と語られた。

また、27節では「祝福とは、私が今日あなた方に命じる、あなた方の神、主の命令に聞き従った場合であり、」とも語っている。

何度語っても忘れる私たちにモーセは繰り返し語って下さっている。

主の命令に聞き従う、、、という表現はあまり良い響きではないが、実際、主の教えは私たちが穏やかに、平穏に暮らすための知恵を私たちに授けてくれたのだと思います。

主よ、今日も平安な1日をありがとうございます。

この平安が当たり前なのではなく、あなたの愛ゆえにある事を忘れない様に、何度も語ってくださりありがとうございます。

これらを心と魂に刻み、あなたの教えから離れないように絶えず私達を見守ってください。

あなたが目を留めていてくださると言う事は、私たちの心を強め、どんな困難をも乗り越える力となります。

今日の気づきをありがとうございます。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年1月19日 申命記34章

『約束の地を見て』 神様が言われたことが成就するように、モーセは、約束の地を遠く丘の上から眺めることが出来ましたが、その地に到着することは出来ませんでした。 主は、「わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに『あなたの子孫に与える』と誓った地はこれである。わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたがそこへ渡って行くことはできない。」(4節)と言われた通りです。 「こうしてその場所で、主のしもべモーセは主

2024年1月18日 申命記33章

申命記33章は神の人モーセが、その死を前にイスラエルの子ら(十二部族)を祝福したことばが記されている。 先日の関牧師のメッセージで語られたなかの一部の問いかけで「永遠の命があるという前提で終活をしているかどうか。」を思った時に、このモーセの終活が示された。彼は、主に逆らっていた民が自分の死後も主から離れることを知っていたのである。それでモーセは、主のみおしえを書いたものを祭司や長老たちに託したので

2024年1月17日 申命記32章

いよいよモーセの最後の説教も終わりを迎えようとしている。32章にはモーセの歌が記され、33章には祝福のことばが記されている。 このモーセの歌の中でも、10節のみことばが心にとまる。 「主は荒野の地で、荒涼として荒れ地で彼を見つけ、これを抱き、世話をし、ご自分の瞳のように守られた。」 「瞳のように」、神にとってこの民は、どれだけ大切な存在なのかということを表現している。大切だからこそ、この民が神を捨

Commentaires


bottom of page