• makito1224

2020年7月4日ディボーション

最終更新: 2020年10月12日

●担当:関先生


●聖書箇所

申命記10章1節~5節

石の板を収めた木の箱の意味

●語られたこと

モーセは、シナイ山で神のことばが記されたた二枚の石の板を授かった。しかし、山の麓で金の子牛を造って拝んでいる民を見て、怒りのあまりその板を叩き割ってしまった。そこで神は、もう一度、新しく二枚の石の板に、神にことばを書き記してくださった。

この二回目の時には、「木の箱を一つ作れ」(1節)と命じて、石の板を収める木の箱を造らせたのだ。これが契約の箱と呼ばれるようになる。

大事なのは、神のことばが記された石の板であるが、それを収める箱の意味は、何だろうか? と考えた。

現代で言うなら、その箱は、大切な契約書を保管する金庫のようなものだろう。それは、神の方が、二度と怒りにまかせて石の板を割らせないという強い思い。それは、神の人への契約の確かさを思わせる。神との契約を一時の感情で捨ててしまうような人間のために、神自らが取った防衛策だ。どんなことがあっても、契約を守る、破らせないという神の真実を見る。

●応答

ひと時の感情で、神から頂いた大切な恵みを捨ててしまうことがないように。神からの恵みを木の箱にいれて、大切に保管していきます。

自分にとって、神の恵みを保管する「木の箱」とは何だろう?

祈り

愛する天の父よ、あなたの契約の確かさ、真実を感謝します。私は、何度あなたの恵みを一時の感情で捨ててしまったことでしょうか。それでも、何度も何度も、諦めずに恵みを与えてくださったことを感謝します。どうか、私にも木の箱を与えてくださって、あなたの恵みを捨てることがないように守ってください。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

2020年7月29日ディボーション

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com