top of page

2020年7月4日ディボーション

更新日:2020年10月12日

●担当:関先生


●聖書箇所

申命記10章1節~5節

石の板を収めた木の箱の意味

●語られたこと

モーセは、シナイ山で神のことばが記されたた二枚の石の板を授かった。しかし、山の麓で金の子牛を造って拝んでいる民を見て、怒りのあまりその板を叩き割ってしまった。そこで神は、もう一度、新しく二枚の石の板に、神にことばを書き記してくださった。

この二回目の時には、「木の箱を一つ作れ」(1節)と命じて、石の板を収める木の箱を造らせたのだ。これが契約の箱と呼ばれるようになる。

大事なのは、神のことばが記された石の板であるが、それを収める箱の意味は、何だろうか? と考えた。

現代で言うなら、その箱は、大切な契約書を保管する金庫のようなものだろう。それは、神の方が、二度と怒りにまかせて石の板を割らせないという強い思い。それは、神の人への契約の確かさを思わせる。神との契約を一時の感情で捨ててしまうような人間のために、神自らが取った防衛策だ。どんなことがあっても、契約を守る、破らせないという神の真実を見る。

●応答

ひと時の感情で、神から頂いた大切な恵みを捨ててしまうことがないように。神からの恵みを木の箱にいれて、大切に保管していきます。

自分にとって、神の恵みを保管する「木の箱」とは何だろう?

祈り

愛する天の父よ、あなたの契約の確かさ、真実を感謝します。私は、何度あなたの恵みを一時の感情で捨ててしまったことでしょうか。それでも、何度も何度も、諦めずに恵みを与えてくださったことを感謝します。どうか、私にも木の箱を与えてくださって、あなたの恵みを捨てることがないように守ってください。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年1月19日 申命記34章

『約束の地を見て』 神様が言われたことが成就するように、モーセは、約束の地を遠く丘の上から眺めることが出来ましたが、その地に到着することは出来ませんでした。 主は、「わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに『あなたの子孫に与える』と誓った地はこれである。わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたがそこへ渡って行くことはできない。」(4節)と言われた通りです。 「こうしてその場所で、主のしもべモーセは主

2024年1月18日 申命記33章

申命記33章は神の人モーセが、その死を前にイスラエルの子ら(十二部族)を祝福したことばが記されている。 先日の関牧師のメッセージで語られたなかの一部の問いかけで「永遠の命があるという前提で終活をしているかどうか。」を思った時に、このモーセの終活が示された。彼は、主に逆らっていた民が自分の死後も主から離れることを知っていたのである。それでモーセは、主のみおしえを書いたものを祭司や長老たちに託したので

2024年1月17日 申命記32章

いよいよモーセの最後の説教も終わりを迎えようとしている。32章にはモーセの歌が記され、33章には祝福のことばが記されている。 このモーセの歌の中でも、10節のみことばが心にとまる。 「主は荒野の地で、荒涼として荒れ地で彼を見つけ、これを抱き、世話をし、ご自分の瞳のように守られた。」 「瞳のように」、神にとってこの民は、どれだけ大切な存在なのかということを表現している。大切だからこそ、この民が神を捨

Comments


bottom of page