2020年7月28日ディボーション

更新日:2020年10月4日

申命記 34章 7節

主に満たされるものは衰えることがない。

語られたこと。

7節にモーセが120歳で亡くなった時に、目はかすまず、気力も衰えなかった、と書い てある。120歳のモーセが荒野を歩き出した日を逆算すると80歳の時である。どれだけ強 靭な体を持った人だったのだろうか。でもそれは肉体的なことよりも精神的な強さが肉体をも 強くし、最後まで神様の御手としてイスラエルの民を導くことができたのだと思う。 今の私はまだモーセの半分の年にも至っていない。しかし肉体的な部分はすでにボロボロ である。こんな事では、人生の荒野の途中で生きた言えてしまうな、、、と思った。 モーセが自分たちの民に第二世代を約束の地に導き、それらの人々に必要なものを伝えた ように私も子供達に必要な教えを伝えるために、まだまだ心も体も強靭であらねばならないと 思った。そして、それは自分の力でではなく、全て主の御心であり、主の恵によって与えられ るものである。今、体に不具合が生じているのも学びなのだと思う。この学びを精神鍛錬の糧 としてモーセと同じ年までとは言わないが、せめて半分の歳くらいまでは神様のお役に立ちた いと思う。

応答

天の父なる神様。今日も私たちに命をありがとうございます。イスラエルの民にように私たち はまだ訓練の途上にあります。貴方の訓練が全うされるその日まで、どうか私たちの心と体を 強めて下さい。アーメン。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は