2020年7月27日ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

申命記33章27節

死を前にして、イスラエルの民を祝福するモーセのことば

 その中でも、特に響いたのは、27節のことば。

「いにしえよりの神は、住まう家。下には永遠の腕がある。」

教えられたこと

 すべてを造られ、すべてを治めておられる神、この神こそが私たちの住まう家である、という祝福のメッセージである。

 家とはHomeとも言う。私自身、何だかんだ帰ってきてホッとできる場所、それが今、私に与えられている家(Home)である。また、Homeというと、自然と実家(故郷)も思い出す。最近は滅多に帰ることができないが、自分が育った郷里(Home)に帰ると、どこか「帰ってきた~!」という初心に戻される。それが家、Homeである。

 私たちにとっての家、Homeとは、安らぎの場所、帰れる場所、私のためにある場所、私にとって特別な場所、と言ってもいいかもしれない。

 そのような存在(家)として、私たちの神が今日も生きておられることを感謝したい。

 そして、その「下には永遠の腕がある」と、みことばは語る。私たちは最高の

住まい、最高のHomeで、下から永遠の腕で抱かれるようにして守られている、愛されているという祝福のことばだ。

 この神を住まいとして、今日も主の御手のうちを歩ませていただきたい。


応答

天のお父様、

あなたは偉大な神です。すべてを造られ、今もそのすべてを治めておられます。そのような大きな神様、あなたが私たちの本当の住まいとして、存在してくださっていることを感謝します。

それほどに愛してくださっている天のお父様、あなたに感謝します。私たちの状況がどんなに揺らされても、私たちの下にはあなたの力強い永遠の腕があることを、いつも気づかせてください。

そして、いつもあなたのうちを歩むことができますように。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

2020年7月29日ディボーション

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は