2020年7月26日ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

<創世記22章8節>

 アブラハムは答えた。「わが子よ、神ご自身が、全焼のささげ物の羊を供えてくださるのだ。」こうして二人は一緒に進んで行った。


◎語られたこと

 “愛するひとり子イサクをささげよ。”と神に言われ、アブラハムはそのお言葉に従い、イサクと共に山へ登った。しかし、イサクからの捧げものの羊はどこですか?という問いに、8節で「神ご自身が、全焼のささげ物の羊を備えてくださる」と答えたアブラハム。

一瞬、矛盾のようなイサクへの愛ゆえの言い訳のようにも聞こえるこの2人のやりとり。ですがこの8節の返答に、アブラハムの神様への信頼と、わずかに残された希望の光を放っているアブラハムの想いを、感じずにはいられません。

アブラハムにとっても、恐ろしくも悲しい神様からのお言葉。神様がアブラハムに″子孫を星の数ほどに増やす”と約束して下さり、後にやっとの思いで授かったひとり子のイサク。しかし、再びそのイサクを捧げよと言われた神様。そのような想像を絶する葛藤と試練の中でも、主を信頼し、従い続けたアブラハムを支えたものは何だろうか…?

 14節「主の山には備えがある」

「山」とは試練で、「備え」とは主の愛の憐み。



◎お祈り

愛する天の神様。 アブラハムは、神様から与えられた約束も愛するひとり子さえも全て神様に捧げて、従いました。

しかし、主を恐れ、真実である主を信頼して進むとき、主は必ず愛をもって応え、助けを与えてくださるお方であることを信じます。

将来が見えなくて不安なとき、あなたの御心がわからないとき、正直恐さもあります。しかしあなたとの時間をゆっくりと過ごす中で、あなたを信頼し、共に歩んで下さるお方と一緒に、一歩一歩進んでいくことが出来ますように。主の恵みに感謝します。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年9月13日ディボーション

創世記15章より「神と人との間の契約」 主はアブラムに言われた。「わたしのところに、三歳の雄牛と、三歳の雄やぎ と、三歳の雄羊と、山鳩と、鳩のひなを持って来なさい」(9節)。 今日の私たちにとっては、これから何が始まるのかと思わせる光景である。 アブラムはかつて、「わたしは、あなたの子孫にこの地を与える」という、神からの約束を受けた。しかし、彼の立たされている現状を見る限り、アブラムは神の約束に信

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして