2020年7月24日ディボーション

更新日:2020年10月4日

使徒の働き 2章38節

「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。なぜなら、この約束は、あなたがと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」

弟子のペテロが、イスラエルの人たちに「イエスを十字架につけたのはあなた達だ」と伝え、イスラエルの人たちは心を刺れました。そしてぺテロや使徒たちに自分達はどうしたらいいのかと問うた後の、ペテロが彼らに答えたものです。

イスラエルの人たちは、ペテロが伝えるまで(36節)、自分たちがイエスを十字架につけたとは思っていなかったでしょう。だからそれを聞いた時、「心が刺さる(37節)」くらい自分たちは何という事をしまったのかと感じだのではないでしょうか。

直接イエスの十字架刑に手をかけていなくても、私もこのイスラエルの人たちと同じように、罪を犯した人間だと感じました。生きていた時代は違うけど、イエスが十字架にかかった事は、本当申し訳ない気持ちになります。だって自分の罪の為にだもの。しかし神様は愛あるお方です。残りの半生を罪悪感という十字架を背負って生きて行かなくていいように、罪を赦していただく方法を備えてくださっています。

「悔い改めなさい」です。

そしてその続きにくる「イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい」

この時、多くのイスラエルの人たちが救われた事により、今日の時代、そしてイスラエルの場所だけでなく世界中にイエス・キリストが広がってるのだと感動しました。それも自分たちの力では成し遂げられません。「イエス・キリストの名によって」ではできない事。(キーポイントは「イエス・キリストの名によって」だと強く信じます。)

この証しの連鎖が途切れないように、悔い改め、イエス・キリストの名によってバプテスマを受け神様と共に歩み続けていきたいです。

Erika

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

使徒の働き12章 『祈ることの大切さ』 アンテオケ教会からエルサレム教会へ物資等が送られ、義援金が集められていた頃、ヘロデ王は教会を抹殺しようと、使徒たちへの迫害を始めました。そこで、最初の殉教者となったのが、ヨハネの兄弟であるヤコブでした。彼は、ゼベダイの子で、その兄弟ヨハネと共に、雷の子という名が付けられた人です(マルコ3:17)。ヤコブの処刑は、ユダヤ人たちを喜ばせました。そしてそれを知った

使徒の働き11章 異邦人たちも神のことばを受け入れたことを耳にした使徒たちとユダヤにいる兄弟たちは、興奮して喜んでくれるかと思いきや、ペテロがエルサレムに上って来たときに非難したのである。彼らがペテロを非難したのは、割礼を受けていない者たち、つまり異邦人たちのところに行って、食事をしたということにこだわったのである。兄弟たちは、事情を知らなかったので、古い習慣で異邦人を差別してはならないということ

使徒の働き10章 『神さまを語るということ』 大改革を迎えた。10章から11章まで、異邦人が初めて洗礼を受けたことの詳細が伝えられている。 ユダヤ人のペテロにとって、異邦人は汚れた存在で近づくことなどあり得なかった。同胞の血が混ざるサマリア人でさえ犬猿の仲で拒み続けていた。 長い分断を和解させるために、イエスさまは大胆かつ繊細に改革された。 ローマから派遣されたイタリア隊はサマリアの港町、カイサリ