2020年7月23日ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

申命記28章

民が熱心に主に聞き従い、主の戒めを行う事で及ぶ祝福。 11節 「主が貴方に与えると貴方の父祖達に誓われたその地で、主は貴方の体の実、家畜が産むも の、大地の、祈りを豊かに恵んでくださる。」

語られた事。 この節を読んだ時に、なぜ私がハワイにいるのかが分かった。 それは先祖が主に与えられたその地がハワイだったからなのでしょう。 ヨーロッパからの移民だった主人の先祖は1840年代、アメリカ東海岸からメキシコ湾を 経由、カリフォルニアに金の採掘に行く途中だったらしい。 なぜだか、カリフォルニアに行く前にハワイに立ち寄っている。 そのままハワイにいついた親戚もいるが、我が家の先祖は長居せずカリフォルニアに行き、 そこで根を下ろしてしまった。 しかし、その後も色々ご縁があって何度もハワイの地に足を運んでいたらしい。 そして私たちも色々なことが重なり今ここにいる。 これは偶然ではなく、神様の祝福であり約束の地だからたどり着いたのだろう。 「貴方の体の実」も恵まれた。それは他でもないハワイだからなのだ。 私は日本人だから里帰り出産を考えていたけれど、ドクターストップで帰国できなかった。 それもご計画だったのだと府に落ちた。 まさに「神なさることは みな その時にかなって美しい」(伝導の書 3章11節)

応答 天の父なる神様。 今日も貴方の祝福の上にあることを感謝いたします。 こうやって貴方を仰ぎ見る時間によって沢山の恵をいただいていることに気づかされます。 そんな時間を私たちに与えてくださっている事を感謝いたします。 自宅待機命令も徐々に緩和されて、またコロナウイルス感染者大量発生前の日常に少しずつ 戻っていますが、どうぞこれからも私たちをお守りください。 私たちは貴方の教えに従って歩んでいきます。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

2020年7月29日ディボーション

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は