2020年7月21日ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

申命記24章

 この章で、神様はイスラエルの民にエジプトの地で奴隷であったことを覚えていなければならない。と仰せられました。それは、神様がいろんなことをお命じになられるためだといわれている。たくさんの神様の掟が述べられています。あのエジプトでの辛いことを覚えて、その苦しみを自分の為に他者を思いやれる心を忘れてはいけない。苦しみのなかに信仰の成長、恵みが増し加わるものと思う。神様はその苦しみの中から得た経験はきっと他者の為に役立てられるように御計画されておられると思う。私達肉の人間は、のろもとすぎれば暑さを忘れる人間です。得に私自身がそうです。その為にも私にとって神様はこの上ない必要不可欠な方である。私は弱い者で神様がいないと何にもできない。

 申命記にある[覚えていなければならない]、こととイザヤ書にある[思いださない]、とのこの言葉が脳裏に焼き付いてきた。

イザヤ書43:25 [わたし、このわたしは、わたし自身のためにあなたの背きの罪をぬぐい去り、もうあなたの罪を思いださない.] この箇所が目にせまってきて私は洗礼を受ける決心をさせて頂きました。

 神様は、私の罪を神様ご自身の為に思い出さないと語られた。人間だとそんなことは決してできないことと思う。

 申命記では、エジプトで奴隷であったことを覚えていなければならないと語られた。この違いは、私なりに語られたことは、契約と掟の違いだと思わされた。そのようなおこがましい契約などという言葉を書いていいものかわかりませんけれども、[神様は実によいお方]であられ、[慈しみ深い愛のあるお方]です。感謝です。

祈り

神様すべて感謝します。

自分がおってきた苦しみ、悲しみは全て神様の御計画の内にあったのですね。私達はその苦難のなかからあなたとの深い関係へと修復されることを教えて下さっていることを感謝します。どんな時でも、[主はよいおかた、主の愛はとこしえまでも]であることを心に刻んでいきたいと思います。

感謝して主イエス様の御名によってお祈りします。アーメン。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

2020年7月29日ディボーション

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com