2020年7月20日ディボーション

最終更新: 2020年10月12日

使徒の働き 1章7節

イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。


使徒の働きを読んでいっています。

使徒の働きは、イエスが十字架にかけられ蘇った後や、天国へ登っていった後の弟子や使徒たちの働きについて書かれています。


この箇所では、イエスが再臨の事について弟子たちに話しています。弟子たちがそれがいつなのか気になっています。

今このコロナ時代に、特に記事や動画で目にしたり聞いたりするのが、「世の終わり」についてです。人は色々な推測をして、必死にそれがいつなのかを探ろうとしています。私も正直気になって、気づけば「世の終わり」について、そこばかりフォーカスして時間を費やしていました。人が色んな事を言っています。その度に気持ちが振り回されていました。しかし、この聖書箇所に記してあるように、私達は『知らなくていい』のです。イエスでさえいつかわかない。ただ神様だけ知っています。私はこれを聞いて、人がいつか知る事が出来ない事に時間を費やするのは無駄だとわかりホットしました。でも聖書にも書いてあるように再臨の日は確実に近づいている事は確かです。ならその日まで、聖書に書かれている事を少しでも多く知る事にフォーカスしようと思いました。なぜなら聖書が真実だからです。

Erika

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月11日ディボーション

使徒の働き1. 10章 【コメント】 今まではユダヤ人(イスラエル人)だけに、イエス・キリストの福音が述べ伝えられ、異邦人には関係のない事でした。(自分たちは救われないものだと信じていました。)しかし、ここで神様の働きが起きます!なんと弟子のペテロの夢の中で神様が語りかけます。 11節~15節 神様は夢の中で、きよくないとされていた動物をペテロに食べなさいと語ります。ペテロは困惑します。すると神様

2020年9月25日デボーション

使徒の働き 3章4~6節と16節 「私たちを見なさい」 4:ペテロは、ヨハネとともにその人を見つめて、「私たちを見なさい」と言った。 5:彼は何かもらえると期待して、二人に目を注いだ。 6:すると、ペテロは言った。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」 16:このイエスの名が、その名を信じる信仰のゆえに、あなたがたが今見て

2020年9月7日ディボーション

使徒の働き 5:39 神から出たものならば、あなたがたには彼らを滅ぼすことはできないでしょう。 ここでのシーンは、ペテロや使徒達の活発的な伝導に対して多くの偉いユダヤ人達が彼らを迫害しようとしています。偉大な律法学者(パリサイ人)のガマリエルもそのうちの一人ですが、ペテロや使徒たちの扱いについて、大祭司達に注意しています。 【聖書を読んで理解した事】 神様の働きであるとどんな事でも可能になる。また