2020年7月20日ディボーション

更新日:2020年10月12日

使徒の働き 1章7節

イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。


使徒の働きを読んでいっています。

使徒の働きは、イエスが十字架にかけられ蘇った後や、天国へ登っていった後の弟子や使徒たちの働きについて書かれています。


この箇所では、イエスが再臨の事について弟子たちに話しています。弟子たちがそれがいつなのか気になっています。

今このコロナ時代に、特に記事や動画で目にしたり聞いたりするのが、「世の終わり」についてです。人は色々な推測をして、必死にそれがいつなのかを探ろうとしています。私も正直気になって、気づけば「世の終わり」について、そこばかりフォーカスして時間を費やしていました。人が色んな事を言っています。その度に気持ちが振り回されていました。しかし、この聖書箇所に記してあるように、私達は『知らなくていい』のです。イエスでさえいつかわかない。ただ神様だけ知っています。私はこれを聞いて、人がいつか知る事が出来ない事に時間を費やするのは無駄だとわかりホットしました。でも聖書にも書いてあるように再臨の日は確実に近づいている事は確かです。ならその日まで、聖書に書かれている事を少しでも多く知る事にフォーカスしようと思いました。なぜなら聖書が真実だからです。

Erika

閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

使徒の働き11章 異邦人たちも神のことばを受け入れたことを耳にした使徒たちとユダヤにいる兄弟たちは、興奮して喜んでくれるかと思いきや、ペテロがエルサレムに上って来たときに非難したのである。彼らがペテロを非難したのは、割礼を受けていない者たち、つまり異邦人たちのところに行って、食事をしたということにこだわったのである。兄弟たちは、事情を知らなかったので、古い習慣で異邦人を差別してはならないということ

使徒の働き10章 『神さまを語るということ』 大改革を迎えた。10章から11章まで、異邦人が初めて洗礼を受けたことの詳細が伝えられている。 ユダヤ人のペテロにとって、異邦人は汚れた存在で近づくことなどあり得なかった。同胞の血が混ざるサマリア人でさえ犬猿の仲で拒み続けていた。 長い分断を和解させるために、イエスさまは大胆かつ繊細に改革された。 ローマから派遣されたイタリア隊はサマリアの港町、カイサリ

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精