2020年7月19日ディボーション

最終更新: 2020年10月7日


申命記24章5節

「新婚さん、いらっしゃい!」

飛び込んできたみことば

“人が新妻を迎えた時は、その人を戦に出してはならない。彼は一年の間、自分の家のために自由の身になって、迎えた妻を喜ばせなければならない”

 モーセさん、やっぱりあなたは真実の方です。新婚の夫を、妻のために一年間、専業家庭人としてくれるなんて!

 こんな素敵な律法なら、新約の時代の私たちにもレガシーとしてアリなんじゃないでしょうか。

 それにモーセさんは、私のようなかわいそうな女やもめにも、数々の社会福祉を定めてくれています。ありがとう!

応答

 聖書が夫婦のあり方について定めている箇所として有名なのは、エペソ書5:22〜33です。イエスさまには一見、男尊女卑かな? と思われるようなみことばもあるけれど、よく味わうと、なるほど〜と深い。

 まず、イエスさまの語りかけはレディファースト、いつも“妻たちよ”が先なんですね。1妻、2夫。

 そして夫には“自分の妻を自分のからだのように愛さなければなりません”と。妻の文字を夫に転換して、自分ごととして受け取ります。

祈り

 天のお父様、夫に伝えてください。従う妻でなくてごめんね。一緒のくびきをおって、二人三脚で歩調を合わせて歩けなくてごめんなさい。でも愛しています。あなたの存在、あなたの人柄、あなたのしてくれたこと、あなたの体温を毎日思い出して、あなたを慕い続けます。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

2020年7月29日ディボーション

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は