2020年7月16日ディボーション

更新日:2020年10月12日

担当:大学生グループ

マタイの福音書 14章22~32節

ペテロ、水の上を歩く。


教えられたこと

夜明け前の荒れた湖の上、恐怖心もあったが、彼(ペテロ)は真実を確かめたかった。

「主よ。あなたでしたら…」と、誰よりも先に、水の上に踏み出していくチャレンジ精神(冒険心)が、いかにもペテロらしい。

嵐の湖上という試練にあっても、優しいイエス様の信頼への招き(Trust Points)は、しっかりとある。

信じきることを求められているが、どうしても強風(試練)に揺らされる自分がいる。信仰には常に試練がつきものであることも、ここから教えられる。

イエス様を見続ける必要を教えられる。

応答

天のお父様

水の上を歩くペテロの信仰には、強風という試練も伴いました。私たちは恐れを抱きやすい者たちです。すぐに逃げ出したくなることもあります。しかし、優しいイエス様、あなたはどこまでも私たちを「信頼」へと招き続けてくださっていることを感謝します。あなたの御声をしっかりと聞き、あなたを信頼して歩むことができるように導いてください。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式