2020年7月13日ディボーション

最終更新: 2020年10月12日

申命記19章

あらゆる罪に対する規定


21節 「哀れみをかけてはならない。いのちにはいのちを、目には目を、歯には歯を、手に

は手を。足には、足を」



語られた事。

数年前に「半沢直樹」と言うドラマがあった。その新シリーズがまた来週から始まるらしい。

「やられたらやり返す。倍返しだ!この借りは必ず返します」と言う決め台詞が有名である。

真面目にコツコツ働いていた主人公が調子の良い上司らに裏切られ、騙され酷い目に合うが最後には真面目な主人公が勝つようなお話です。だから池井戸さんの本は面白く人気があるのでしょう。実際の世の中はそうならない。それでは私たちはどう生きれば良いのか?

もし、今も旧約聖書を重んじる時代だったらどうなっていたことか?私も交通事故で車にはねられた事があるから、相手を車で跳ねなければいけないのだろうか?そんな事をやっていたら救急車が何台あっても足りない世の中になってしまう。私はイエス様が生まれた後の世代で良かったとつくづく思う。

イエス様はこう語られた。

ルカの福音書 17章 3節。「あなた方は自分自身に気をつけなさい。兄弟が罪を犯したな

ら、戒めなさい。そして悔い改めるなら、赦しなさい。」

また、同じくルカの福音書 23章 34節では十字架に付けられた時でさえ「父よ、彼らを

お赦しください。彼らは、自分が何をしているのかがわかってないのです。」とおっしゃっ

た。

主の祈りにもある。「我らに罪を犯すものを我らが赦す如く、我らの罪をも赦したまえ。」

全て主はご存知なのだから、何か酷い事をされても仕返しは神様にお任せして、私たちは相手の為に祈れる存在に成長しなければならないと思いました。



祈り。

コロナウイルスのおかげで、新たなスタンダードが生まれようとしている。文化、宗教、育った環境によって世の捉え方は色々であろう。そんな時に寛容に周囲と交わる事ができるような人間に育ちたいです。どうぞ神様、あなたの教えを忘れぬよう私の心をいつも導いて下さい。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年7月31日ディボーション 

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

2020年7月30日ディボーション

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

2020年7月29日ディボーション

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は