2020年7月12日ディボーション

更新日:2020年10月12日

申命記17章 15節−20節 民の王になるものは神が選ばれる者でなければらない。

語られた事。

コロナウイルスが世界中に蔓延して、すでに半年異常が過ぎている。そんな時に、ここアメリ カの地では大統領選挙。日本でも都知事選挙、、、などなど。世界中で任期を満了して新たな リーダーが選ばれる時となっている。これも主の御心ではないだろうか。 究極の選択を迫られる時、人は本性を表す。 そんな時に人が何を規範に過ごしているかが見えてくる。 昔、私が貧困の中にあった時、血の繋がった家族は手を差し伸べてくれなかった。 自分たちの生活で精一杯、と言うのが彼らの言い訳だったと思う。 でもそんな時にクリスチャンの友達は二つ返事で助けてくれた。 まさしく、ルカの福音書10章27節にある主の掟を実践した実際の私の友人の話です。 そんな人が私たちのリーダに立つべきではないだろうか。 自分の私利私欲、利権。神様はそれを重んじろと言ったのだろうか。 いや違う。他人を隣人のように愛する事が神様の第一の掟のはずである。 19節にあるように、選ばれしものは、日々、主の言葉に耳を傾け、律法を学ぶと共に、神を 畏れる事を学ぶ必要がある。 モーセが率いる民は40年間、神の律法と共に生活し訓練された民であった。 私たちもモーセの民のように訓練された民となれるよう日々の精進が必要だと思う。 そのためにはリーダはもちろん、私たちも日々聖書に触れて気づかされる事、思い出す事が必 要だと思った。 世界中でそのような人々が増え、その中から私たちの次のリーダーが生まれる事を神様も望ま れているのではないだろうか。

応答

主よ、リーダーを選ぶ事は私たちに対するあなたのチャレンジです。私たちが間違った判断を 下さず、次のリーダーがモーセのようにあなたに従順な人が選ばれますよう祈ります。また リーダーを取り囲む助け人もレビ人のように主の教えに忠実である人が選ばれますよう心から 祈ります。

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

ピリピ人への手紙 3章 13ー21節 貴方の国籍は今どこへ? 語られたこと。 「もちろん、日本国籍ですよ。」「アメリカですよ」とハワイでは色々な答えが返ってきそうな質問です。長年聖書を読んでいる方には馴染みの深い場所ですが、クリスチャンの私たちの国籍は、そうです天にあります。(20節) パウロはこの時代にあったエピクロス派と言う哲学の考え方とキリスト教の考え方の対比をこの章の中で具体的に説明してい

申命記34章 「モーセの死」 この書はモーセの事に対して最後に書かれたものですが、モーセは神様と顔と顔を合わせて選ばれた人で、民数記12章では誰よりも謙遜であったのです。 これほど神様に近くて、謙遜な人は現れなかったのです。 それなのに、彼は約束のカナンの地には、入れなかったのです。 それは、彼に不従順があったからと聖書に書いてあります。(申命記4章12節)  そのためにモーセは約束の地を前にして

申命記28章・29章 この章から語られたことは、神様は、私達に何時でも選ぶ権利を与えてくださるということである。神様は私達の人格を尊重されていることなのだろう。 この章を読んでいて、もし神の御声に聞き従い、神の命令を守り行うなら貴方は高く上げられ祝福される。でも、神に聞き従わずに神の命令を守らず行なわないならば、恐ろしい神の掟がまっている。主の怒りとねたみ、いのちと死、祝福とのろい。それは、神様は