• HCCnichigo

2020年12月9日ディボーション

サムエル記第二 24章


24:1さて、再び主の怒りがイスラエルに対して燃え上がり、ダビデをそそのかして、彼らに向かわせた。「さあ、イスラエルとユダの人口を数えよ」と。


語られたこと:


主は、ここで再びダビデを試される。主が、ダビデ自身に何を示されようとしたのか、ダビデはその時にわからなかったと思う。家来のヨアブがなぜそのようなことをするのか、不思議に思っているのに、ダビデは気ずかなかった。いや、神に思考を閉ざされたと思う。イスラエルとユダの人口調査が終わった後に、自分の犯した罪を知って、主に自分の咎を取り去って下さいと願う。

 主は、預言者ガドを使って、ダビデに三つの選択をいいわたされた。しかし、ダビデは、その三つの中から選択することは自分には非常に辛い事であるので、主の手に陥らせて下さいと願う。そして、主は、ご自身で三つの中の一つ、三日間の疫病を下されて7万人の民が死んだ。

 さらに主は、み使いを使われて、エルサレムを滅ぼそうとされた。だが、主は、「もう十分だ。手を引け。」と言われて、エルサレムを滅ぼされるのをやめた。

 そこで、ダビデは、民を打っているみ使いをみて、主に向かって言った。

17節、「ご覧ください。この私に罪があるのです。私が悪いことをしたのです。この羊の群れがいったい何をしたでしょうか。どうか、あなたの御手が、私と私の父の家に下りますように。」 と、かなりの勇気を絞って神に懇願したと思う。

 ダビデは、自分の犯した罪の為に多くの民が死んでいくのを見て、耐え難い気持ちだったでしょう。それも神の御計画なのだと思う。主は、ダビデをこれでもかと思わされるほどに試されて、ダビデの真の心の内にあるものを神ご自身に告白することを、待ち望んでおられたと思う。ここで、神は、ダビデの大胆な罪の告白、砕かれた、悔いた真の心をご覧になられて喜ばれたと思う。

 このサムエル記第二の24章、最後の章で語られたことは、神は、私達を神の器としてつくり変えられる為に、これでもかと思わされるほどに私達を訓練される。そして、主に、大胆に自分の犯した罪の赦しを願い、悔い改めた真の心を主の前に捧げることである。

祈り:

 愛する天の父なる神様、御名をほめたたえます。

今日の第二サムエル記の24章、最後の章で、ダビデを通してたくさんのことを語って下さってありがとうございます。私達が試練にあったことは、私達の信仰への成長段階であるということを受け入れることができますようにお導き下さい。感謝して、主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com