• HCCnichigo

2020年12月6日ディボーション

旧約聖書 第2サムエル紀 21章 

「他民族をもお守りくださる主の恵」


1節「サウルとその一族に、血の責任がある。彼がギブオン人たちを殺戮したからだ」


●学んだこと


 自分の身に危険が迫れば、同じ民族だとか、家族だとか・・・気にしていられなくなるのではないだろうか。アモリ人の一つの民族ギブオン人がまさにそうであった。

 ヨシュアの時代に滅ぼされたエリコ(ヨシュア6章)、アイ(ヨシュア8章)の噂を聞き、アイよりも大きな国であるが(ヨシュア10章2節)、貧しいなりをして(ヨシュア9章)イスラエルと盟約を結んだと記されてある。本当の事を言ったらイスラエルは受け入れてくれないと思っていたのだろうか?

 私も、本当の事を言わない事がある。それは人に対する恐れ。主に対しての恐れもあるが、嘘は主には通じない。全部お見通し。ギブオン人だと言う事をお見通しの上で主に首を垂れる民を、他民族であろうと主は救おうとされる。(ヨシュア10章6−11節)

 そしてまた『ダビデの時代に、3年間引き続いて飢饉が起こった。それでダビデは主の御顔を求めた。主は言われた。「サウルとその一族に、血の責任がある。彼がギブオン人たちを殺戮したからだ。」』(2サムエル21章1節)この神様の采配の中に、イスラエル民族だから優先、と言う考えはない。あくまで主の掟を守るか否かが重要になってくる。これによってサウルの子、ヨナタンの子メフィボシェテ他、サウルの息子7人を失うことになる。せっかく食事を共にするような仲になったメフィボシェテを失うのは身を切られるような気持ちだったと思う。

 イスラエルの民では無い、かつ罪を犯しても全てを主の光の下に出さない私。そんな私でも哀れんでくださる神様。本当に懐の広い方である。子どもの時に親の財布からお金を盗んでおやつを買いに行ったり、妹のケーキを食べたのに「私じゃない」と嘘をついた私。他にも沢山悪いことをしてきた。降誕節に入り、イエス様のお誕生を祝う季節ではあるが、その後、十字架にイエス様をかけた私の罪を思うと、とても複雑な心境になる。

●祈り

 天の父なる神様。貴方は全て御存知です。人に隠しても、貴方には全てお見通しです。ですから貴方にだけ本音を打ち明けます。こんな罪人ですが、まだ愛を注いでくださりありがとうございます。これからも、貴方の声を聴けるような状況にしてください。

 主イエスキリスト様の御名によって御前にお捧げいたします。アーメン

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com