• HCCnichigo

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 


 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、ソロモン王朝は盤石となっていく。

 その時に主が語られたことは、1節~10節に記されている。「もし、あなたが」ということばが鍵語だ。「もし、あなたが」主に従うなら、「もし、あなたが」主に逆らうなら、と二つの道を明らかにする。神は、先のことを知っておられる、と同時に私たちに選択の自由を与えてくれる。

 そして二つの道を提示する前に、3節において、「わたしの目と心は、いつもそこにある」と語られている。「もし、あなたが」ということばの前に、まず神の祝福が約束されている。神の目と心は、いつもあるのだと。だから祝福の道を選ぶように、決して神に背を向けて離れることがないようにという、神のお心を感じるようだ。神は、至れり尽くせりの配慮をもって、民が神に従い続けるように励ましてくださる。


語られたこと

 それでも、ソロモンの子孫は、神に背を向けて離れていく道を選んで行ってしまう。今日を生きる私は「もし、あなたが」という神の御声に耳を傾け、祝福の道を選ぶ者でありたいと心から願う。

 なぜなら、神が先に、祝福への道を開き、整え、備えてくださったのだから。その道とは、まさにイエス・キリストである。イエスこそ、道であり、真理であり、命なのだから。神の恵みを無駄にしないようにしたい。 


祈り

 天の父なる神さま。主に従う道を歩んでいけますように。道から逸れることがないように、道であるイエスから目を離さないでいられますように、聖霊が助けてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月13日ディボーション

旧約聖書 第一列王記 22章:14節 ミカヤは答えた。 「主は生きておられる。主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」 語られたこと: 預言者ミカヤは、他の多くの預言者からイスラエルの王にみんなと口裏合わせをしてほしいと頼まれるが、ミカヤは、神様が語ったことをその通りに告げた。他の節でもイスラエルの王に向かって色々と述べている。 イスラエルの王は、ミカヤにも他の預言者と同様に自分に有利になる

2021年1月12日ディボーション

旧約聖書:Ⅰ列王記21章 『北王国、サマリヤのアハブ王は神から離れる』 敵のアラム王から圧倒的な勝利をしたサマリヤ王、アハブは神様のお蔭でした。始めに預言者を通しての言葉があって、その通りになりました。実際に勝利したのは2回ありました。 その事に気を良くしたアハブ王は、神様と相談をせずに敵の王と和解したのです。神さまは聖絶しようとした敵の王、ナボテを助けてしまいました。神に相談せずに物事を決めたア

2021年1月11日ディボーション

旧約聖書  列王記第一 20章 『神の目に正しい事とは何か』 「主はこう言われる、私が聖絶しようとした者をあなたが逃したので、あなたの命は彼の命の代わりとなり、あなたのためは彼のための代わりとなる」42節 ●学んだこと 人の目に正しい事と神の目に正しい事とは一致しないことがある。それは神が私達の長い人 生を遠くから俯瞰して最善の計画を立ててくれるからである。 この章は10部族を率いるイスラエルの