2020年12月29日ディボーション

旧約聖書:Ⅰ列王記7章

「ソロモンの神殿とは」


ソロモン王は神殿を7年、自分の宮殿を13年かかって完成されました。その中でどのような宮殿であったのか事細かに書かれています。

今ではビジュアルで見れるのですが、その当時は聖書に書かれてある細かい数字や、建材が全てです。そしてその当時、最先端の技術を用いて柱や飾り付けをされました。

その資材は石や高価な石、杉材、青銅、金、銀などで、そして飾りはユリやザクロ、ひょうたん、なつめ椰子でした。そうして形は動物の形、牛、雄御獅子、ケルビムなどです。


●教えられたこと

 私が思ったことは神殿の大きさは、政治をする宮殿と比較すると神殿の方が小さくて、ソロモンの宮殿(パロの娘のものも含め)が約4倍も大きいのです。

 この神殿建設にはイスラエルの民は喜んだのだろうと私は想像しますが、宮殿に対してどうなのだろうか? 喜んで建てたのだろうか? 重税に苦しんで建てたのだろうか? ソロモン王の派手な生活に民の心は離れたのではないだろうか? 今となっては分かりませんが、今の時代、同じような建物、それ以上の建物は作ることは可能ですが、私たちの心が建物では無くて天のお父様に向いていなければ空しいのです。 今は天の神様が与えて下さった私たちの身体を、今という時間の中で大切に生きる事を忘れてはならないのです。

『あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか。もし、だれかが神の神殿をこわすなら、神がその人を滅ぼされます。神の神殿は聖なるものだからです。』(第一コリント3章16-17章)


●お祈り

天のお父様、私にまた、私たちに一つしかない身体を与えて下さり感謝します。しかし、強靭な体では無くてどこか弱い所を持って生きています。感謝します。この弱さの中であなたの事を想い、十字架で苦しまれた痛みを味わえる事を感謝します。

私たちは、自分の事を想い、あなたの思いを一緒に味わって生きれる事を感謝します。どうか主よ。弱さの中で悩んでいる兄弟姉妹を助けて下さい。

その助けが何処から来るのか気付かして下さい。それはあなたによって、すべての人が主の栄光を受ける事が出来るからです。ありがとうございます。 イエスの名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

使徒の働き11章 異邦人たちも神のことばを受け入れたことを耳にした使徒たちとユダヤにいる兄弟たちは、興奮して喜んでくれるかと思いきや、ペテロがエルサレムに上って来たときに非難したのである。彼らがペテロを非難したのは、割礼を受けていない者たち、つまり異邦人たちのところに行って、食事をしたということにこだわったのである。兄弟たちは、事情を知らなかったので、古い習慣で異邦人を差別してはならないということ

使徒の働き10章 『神さまを語るということ』 大改革を迎えた。10章から11章まで、異邦人が初めて洗礼を受けたことの詳細が伝えられている。 ユダヤ人のペテロにとって、異邦人は汚れた存在で近づくことなどあり得なかった。同胞の血が混ざるサマリア人でさえ犬猿の仲で拒み続けていた。 長い分断を和解させるために、イエスさまは大胆かつ繊細に改革された。 ローマから派遣されたイタリア隊はサマリアの港町、カイサリ

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精