• HCCnichigo

2020年12月27日 ディボーション

旧約聖書 列王記第一 5章

「One team — 私たちは一つ」


学んだ事、語られたこと。

「今私は、私の神、主の御名のために神殿を建てようと思っています。主が私の父ダビデに、『わたしがあなたの代わりに王座につかせるあなたの子、彼が私の名のために家を建てる』と言われた通りです。」5節


 人は平安な暮らしがある時に、それが主の恵である事を忘れがちである。私もその一人。しかし主の知恵を授かったソロモン。彼は主が父に語ったこ事を成就するべく、父なる神の為に神殿を建てようとする。この章はその詳細が述べられている。

 「あなたの日数が満ち、あなたが先祖と共に眠りにつくとき、わたしは、あなたの身から出る世継ぎの子をあなたの後に起こし、彼の王国を確立させる」(サムエル紀第二7:12)。

 サムエル記でこのように語られる世継ぎはソロモン、そして、その後ずっと後に続くイエス様を示している。

 パソコンで言ったらソロモンが神殿、ハードを作り(パソコンの形、外側のデザイン)、そしてイエス様がパソコンを動かすブレイン、ソフトだ。ブレインがなければ外側がいくら美しても動かない。またハードを作る為に、ソフトを動かす為に沢山の部品がいる。ちなみにその部品の一部は日本の下町の中小企業が担っている。日本の技術開発力は本当に世界に誇れる物である。

 シリコンバレーでほとんどのパソコンのハードやソフトのデザインが行われるけれど、地中海に面するツロの王ヒラムからレバノン(シドン)の木材、石材を集めたように、今のパソコン作りも世界各国に必要な物を作ってもらっている。国境を越え、皆が一つの目標に向かうとき、それはとても大きな力となり世界を動かす。

 今、私たちの目の前にある物作りは、このコロナ禍にあっても揺るがない組織作りではないだろうか? イエス様がお生まれになりすでに2020年。イエス様は私たちの教会に私たちの心にいつもいらっしゃる。素晴らしい!ソロモンより私たちは恵まれている。  

 今、多くの教会員の兄弟姉妹がそれぞれのタレント(神様からいただいた贈り物)を駆使して未曾有の日々を父なる神様とイエス様の教え、隣人を愛する事を広めるために日々活躍してくれている。まるでソロモンの神殿作りと一緒。

 組織は目に見えない。しかし目に見えない主の、イエス様の掟を軸に皆で手を繋いだ時に、それは愛の形となって現れる。その愛の輪の中にまだ恵みにあづかっていない人を招き入れたい。ソロモンが神殿を立てた時のように時間はかかるが、それが神様の御心ならばきっと成就する。そしてソロモンを助けたヒラムのような助け手が必ず現れる。主の恵みの素晴らしさをこの5章から感じた。


祈り:

 天の父なる神様。あなたが先人に残した御言葉によって私たちは励まされ、強められ、希望を持って日々歩むことができます。あなたの愛をまだ知らない沢山の人々に述べ伝える事ができるように、どうぞあなたの知恵をお貸しください。

 この祈り、イエス様のお名前によって御前にお捧げいたします。アーメン。

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月13日ディボーション

旧約聖書 第一列王記 22章:14節 ミカヤは答えた。 「主は生きておられる。主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」 語られたこと: 預言者ミカヤは、他の多くの預言者からイスラエルの王にみんなと口裏合わせをしてほしいと頼まれるが、ミカヤは、神様が語ったことをその通りに告げた。他の節でもイスラエルの王に向かって色々と述べている。 イスラエルの王は、ミカヤにも他の預言者と同様に自分に有利になる

2021年1月12日ディボーション

旧約聖書:Ⅰ列王記21章 『北王国、サマリヤのアハブ王は神から離れる』 敵のアラム王から圧倒的な勝利をしたサマリヤ王、アハブは神様のお蔭でした。始めに預言者を通しての言葉があって、その通りになりました。実際に勝利したのは2回ありました。 その事に気を良くしたアハブ王は、神様と相談をせずに敵の王と和解したのです。神さまは聖絶しようとした敵の王、ナボテを助けてしまいました。神に相談せずに物事を決めたア

2021年1月11日ディボーション

旧約聖書  列王記第一 20章 『神の目に正しい事とは何か』 「主はこう言われる、私が聖絶しようとした者をあなたが逃したので、あなたの命は彼の命の代わりとなり、あなたのためは彼のための代わりとなる」42節 ●学んだこと 人の目に正しい事と神の目に正しい事とは一致しないことがある。それは神が私達の長い人 生を遠くから俯瞰して最善の計画を立ててくれるからである。 この章は10部族を率いるイスラエルの