• HCCnichigo

2020年12月26日ディボーション

列王記第一4章


『ソロモン < イエスさまの知恵』


学び:

4:29 「神は、ソロモンに非常に豊かな知恵と英知と、海辺の砂浜のように広い心を与えられた。」

 そんな神さまの恵みを受けてソロモン王は、国を安泰に治めるため政府高官の人事を発表した。

 父ダビデよりはるかに広くなった中近東一帯の領土には、守護大名を置き、年貢を納めるという現実的な政策も行った。

 太平安泰、やっと平和な国が実現した。ソロモンは一層の繁栄に英知を尽くした。

4:34 「彼の知恵のうわさを聞いた世界のすべての王たちのもとから、あらゆる国の人々が、ソロモンの知恵を聞くためにやってきた。」  

 ソロモンが呼んだのではない。ソロモンからあふれる神さまの知恵と英知が人を集めたのだ。宣教のお手本のような聖書箇所だなあ。

 しかし私にはダウト、不服な箇所がある。

4:26 「ソロモンは、戦車用の馬のために馬屋四万、騎兵一万二千を持っていた。」

 平和な世の中であるのになぜ、軍備配備をしなくてはならないのか? 真の和解をしていない、あるいは神さまが与えてくださった平和のどこかを恐れ、疑っているのか? 

 イエスさまならそんなことはしない! 公生涯、丸腰だった。剣や棒で攻め寄られても、応戦することなんてしない。いや、弟子が剣で戦うことをもやめさせた方だ。なにより十字架にかかってくださった。

 新約に生きる私は、ソロモンの知恵に勝る、『イエスさまの知恵』にこそ寄り頼って、平和を実現していきたいと神さまに求めたいです。


祈り:

 神さま、ソロモンに知恵と英知を与えてくださってありがとうございます。おかげで箴言や伝道者の書、雅歌で多くのみことばを聴くことができます。

 神さま、私を新約の時代に生かしてくださってありがとうございます。おかげでイエスさまの知恵と英知を、体験させていただいています。

 武器を持たずに平和を実現することは困難の連続ですが、非力で弱い幼子のように、天のお父さまを信頼してゆだねられますよう、どうかあわれんでください。

 イエスさまの名前で感謝して祈ります。アーメン


36回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月13日ディボーション

旧約聖書 第一列王記 22章:14節 ミカヤは答えた。 「主は生きておられる。主が私に告げられることを、そのまま述べよう。」 語られたこと: 預言者ミカヤは、他の多くの預言者からイスラエルの王にみんなと口裏合わせをしてほしいと頼まれるが、ミカヤは、神様が語ったことをその通りに告げた。他の節でもイスラエルの王に向かって色々と述べている。 イスラエルの王は、ミカヤにも他の預言者と同様に自分に有利になる

2021年1月12日ディボーション

旧約聖書:Ⅰ列王記21章 『北王国、サマリヤのアハブ王は神から離れる』 敵のアラム王から圧倒的な勝利をしたサマリヤ王、アハブは神様のお蔭でした。始めに預言者を通しての言葉があって、その通りになりました。実際に勝利したのは2回ありました。 その事に気を良くしたアハブ王は、神様と相談をせずに敵の王と和解したのです。神さまは聖絶しようとした敵の王、ナボテを助けてしまいました。神に相談せずに物事を決めたア

2021年1月11日ディボーション

旧約聖書  列王記第一 20章 『神の目に正しい事とは何か』 「主はこう言われる、私が聖絶しようとした者をあなたが逃したので、あなたの命は彼の命の代わりとなり、あなたのためは彼のための代わりとなる」42節 ●学んだこと 人の目に正しい事と神の目に正しい事とは一致しないことがある。それは神が私達の長い人 生を遠くから俯瞰して最善の計画を立ててくれるからである。 この章は10部族を率いるイスラエルの